『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson352:判断を下すことと愛は正反対のものです。一方からはこの世界のすべての悲しみが生じます。もう一方からは、神ご自身の平和が訪れます。
  
ジャッジすることは、わたしのすることではありませんでした。
 
If it is your judgment it will be wrong, for judgment is not your function.

T-12.VII.12
 
 
裁くことによって、平安でいられるはずがありません。
裁くのは、恐れているからだと感じます。
 
何を見ても、肉眼で見るということは裁くということ(良いだの悪いだの、あーだのこーだの)、そもそもこの目は、裁くためのものだった、こんなにも裁かずにはいられないというのは、恐れに満ちているとしか言いようがない。
 
かつてそのように感じたことがあります。
 
 
美しく咲いている花を見るときは喜んだり、穏やかな気持ち、嬉しさを感じるけれども、枯れた植物を見て美しいと感じられていないのだとしたら、どちらに対しても無論ジャッジしているわけです。
 
人に対しても同じで、誰かのことを、特別優秀で素晴らしいのだと見るということは、確実に、そうでない人がいると考えていることを示しています。
 
ジャッジというのは、比較に基づいていて、「過去」を土台にしています。
実に、くだらない。
 
 
ジャッジには、愛の要素がまるでありません。
恐れていなければ、ジャッジするはずがないのです。自分を、弱き者と見ていなければ。
 
愛と恐れが、重なることはない。
裁くことを、攻撃する(対象の神聖性を見ない、ありのままを見ない)ことを選ぶなら、当然のことながら、悲しみを経験することになります。
 
ジャッジとは、まったく愛のない目で見るということ。
愛のない目で見ておきながら、愛を、平安を、経験できるはずがないのです。
 
 
愛のまなざしで見たい——。
 
それが唯一可能となるのは、自分が定義する愛によってどうこう判断することではなく(それは、ちっとも愛ではないのでした)、ゆるしによってでした。
 
 
「赦しは愛の地上的な形」(『奇跡講座 ワークブック編』レッスン186/中央アート出版社)なのでした。
 
 
誰についてであれ、これまであなたの心をよぎった善や悪といった考えを意識せず、裁かない者でありなさい。今、あなたは彼を知らない。しかし、あなたには彼について学ぶ自由があり、しかも彼を新しく学ぶ自由がある。今や、彼はあなたにとって生まれ変わっており、あなたは彼にとって生まれ変わっている。そこには、彼に死を宣告し、彼と共にあなたにも死を宣告した過去はなくなっている。今や、あなたと同じように、彼にも生きる自由がある。往古の学びは過ぎ去り、真理が再生できる場所が残されたからである。

(『奇跡講座 テキスト編』T-31.I.13/中央アート出版社)
 
 
美しいメッセージだと感じます。イエスの愛を、感じます。
 
 
今日はセッションが複数ありましたが、クライアントさんの輝きをほんとうに感じられました。誰もが祝福されていて、愛されている。何の罪もなく、完璧であるという真実に触れさせていただけるというのは、ほんとうに・・ありがたいことです。
 
決して、誰のことも裁かない。
イエスが見るように、ホーリースピリットが見るように、見られるようになること。
それを、これからもずっと続けていきたいと思います。
 
 
Blessings,
 
2019.4.17
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック13 サンシップ/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら