【大阪】【東京】あなた本来の輝きと女神性を呼び覚ましフェミニンリーダーシップを発揮できるようサポートする,ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー®末吉愛のサイト

ヴェリテについて

  • HOME »
  • ヴェリテについて

 

奇跡のコース・シェアリングサポートVérité(ヴェリテ)

ヴェリテでは、書籍「A Course in Miracles」(ア・コース・イン・ミラクルズ)の
日本語版『奇跡講座』/『奇跡のコース』の学びを深めるための支援をおこなっています。

ア・コース・イン・ミラクルズは、
絶対的なものではなく(ですから「The」ではなく「A」となっています)、
ほんとうの学びを深めてゆくための1つの道です。

テキスト・ワークブック・マニュアルと3つのパートに分かれている、自己教育のためのプログラムです。

コースそのものは、宗教ではありませんし、
ヴェリテにおいてもいかなる宗教とも関係がありません。

ともに「ほんとうの自己」を思いだすために学び合う場として設けており、
クラスの参加のスタンスは自由です。

A Course in Miraclesとは

 

 

ヴェリテでは以下の学習会と、ヒーリング、カウンセリングの場を設けております。

ACIM学習シェアクラス
テキストやワークブックなどの教えを日常に活かして
学びを深めるクラスです。無料でおこなっています。
オンライン開催

 
ACIMベーシッククラス
コースについてまだ学んだことがない方や、
学び始めの方にお勧めのクラスです。概要を学びます。
オンライン開催

 

ACIMテキストクラス
テキストを順に丁寧に読み深め、そのエッセンスを
日常に落とし込んでゆくためのクラスです。
対面/オンライン

 

ACIMワークブッククラス
ワークブックのレッスンの学びを深め、
心の実践を日常で続けてゆくためのクラスです。
オンライン開催

 

ACIMマニュアルクラス
マニュアル編の内容をじっくり読みながら、
実践をとおして学んでいくクラスです。
対面/オンライン

 

ACIM祈りと奇跡の実践クラス
祈りをベースにホーリースピリットと繋がり
奇跡を経験するための練習をおこないます。
オンライン開催

 

ディバインライトカウンセリング
悩みや問題が奇跡へとシフトしてゆくことによって、
ほんとうの輝く自己を思いだすプロセスをともに歩む、
奇跡のコースの教えをベースにしたカウンセリングです。

 

◆これからコースを学ばれる方へ

 

ACIMなんでも質問コーナー
専用フォームから学習に関してご質問いただけます。
メルマガ登録後にご活用ください。
詳細は上記タイトルのリンク先にて。

 

 

 

ヴェリテ代表

末吉 愛

 

大阪府生まれ。

和歌山大学教育学部教員養成課程にて
小・中・高の免許を取得し、
私学の中高一貫校にて、
国語の非常勤講師として10年間務める。

ニューヨークで
心理カウンセリングの学びを深めたことを契機に
26歳からカウンセラーとして活動し、28歳で起業。

世界で200万部以上が販売され広がっており、
世界的に有名なスピリチュアルリーダーたちが
バイブルとして学んできたと言われる

A Course in Miracles
『奇跡のコース』/『奇跡講座』という本に
20代の頃に出合う。

その後神秘体験などが重なり、30歳から
コースの学習を本格的に始めるようになる。

香咲弥須子、デイヴィッド・ホフマイスター、
ゲイリー・レナード、ジョン・マンディ、
ロバート・ペリーなど

世界で活躍されているティーチャーたちから学び、
実践を通して多くの奇跡を体験する。

理論については、
コースを最も理解していたと言われている
ケネス・ワプニック博士の書籍をもとに
学習を積み重ねている。

これまで2歳から70歳までの、5000人以上の方々の
心のケア、サポート、教育に携わっており、
心理カウンセリング、スピリチュアルカウンセリング、
セラピーのセッション件数は10000件以上。

こうした20代からの経験を、
愛と奇跡の道具としてもらえるよう
ホーリースピリットに差し出し、ゆだねるなか、

ガイダンスを受け取り、
2015年にヴェリテを立ち上げる。

現在は、知識を入れ込んで満足するあり方ではなく
コースの学びを深め、
教えを日常で実践していく姿勢を保てるよう、

自身が学習と実践を継続することを通して
お仲間の方々と分かち合い、サポートしている。

 

 

 

「Vérité」とは、フランス語で「真実」

奇跡のコース」に出逢って3年が経った頃からでしょうか、
コースのシェア会をやるようにというメッセージが何度も届くようになりました。

「奇跡のコース・シェアリングサポート」

という言葉が、ある時ふと浮かんできて、
その後ろに続く名前は何がいいのだろうと、思いを向けてみました。

 

以前から活動しているサロンの屋号が
「Lumière」(ルミエール)というフランス語(光という意味)なのですが、

こちらのサポート活動においては、
「Vérité」(ヴェリテ)という、同じくフランス語の名前に決まりました。

「Vérité」は「真実」という意味の言葉です。
その名が見つかったとき、
「奇跡のコース」についてわかち合ってゆくのにぴったりだと感じました。

 

わたしがコースに出逢ったのは、

あらゆるスピリチュアル関連の本を読んではみたものの、
どこか腑に落ちず――「なぜそうなのか」という根源的な説明がなされたものがなく、
相反することがあちこちで述べられていることに多少困惑し、

「真実だけが知りたい!真実しか要らない!」

と、宇宙に向かって心の中で真剣に叫んだことがきっかけでした。

 

ある日、本屋で目にした――というより釘づけになった――のが、
『奇跡のコース 第一巻/テキスト』(ナチュラルスピリット)だったのです。

広辞苑ほどもある、分厚いその本をそっと手に取り、
ゆっくりとページを開き、出だしを読み始めて少ししたとき、

「あった!これだ!やっと見つけた!」

と思ったのを覚えています。

目を通しても全く意味がわからないのに、求めていたものに出逢えたと確信したのです。

見つけたことに喜びを感じた反面、読まれた方はご存知のとおり、
文字を目で追ってすぐに理解できる内容ではなく、初めてのその出逢いのときには、

「でも今のわたしには早すぎる」

とも感じたのでした。
「波動が高すぎて自分と釣り合っていない」と思ったのです。

いま思えば、早すぎたわけでも、波動に差がありすぎたわけでもないのですが、
(つまりそう思ったのは、わたしのエゴそのものであったということですが)

当時のわたしは、そんなことにまったく気がつかず、
「もっと自分を高めてから、またこの本に会いに来よう」と、
落胆ではなく、期待を胸に、そう思ったのでした。

 

エンジェルオラクルカードで有名な、
ドリーン・バーチュー博士の著書を読んでいたら、

その文章のなかに
あまりにも納得する、そして深い印象をもたらす引用文が多々あり、

その書物はきまって、A Course in Miracles であったことを思い出し、

あのすばらしい書物が、この『奇跡のコース』なのかと、
点が線になってゆく体験があったり、

その他、さまざまな驚きの体験があったのち、
コースのテキストを、いよいよ買う時が来たのです。

わたしの人生は、それからというもの、本当に変わりました。

 

実生活の面で、ミラクルと一般的に呼ばれるような体験や神秘体験は
子どもの頃からたくさんあったのですが、

そんなことよりももっと深く、うつくしく、
しずかな喜びを感じられる、内なる経験とわかち合い、

言語化するということをはるかに超えた、愛の体験を
日々受け取らせていただけるようになったのです。

すでにゆるされ、癒され、愛されていたのだという、経験。

それを、出逢うすべての方々とともに味わい、
わかち合っていけたら、どんなにすばらしいか――。

みなさまと、ともに学び合えれば嬉しく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェリテのLINE
友だち追加

上記ボタンからうまくいかない場合は、
@ezz6271m で検索してください。

 
▼ヴェリテのYouTubeチャンネル

 

 

 

オラクルカード

オラクルカード

無料メールレッスン

わかち愛ミッション

わかち愛ミッション

無料メールレッスン

オラクルカードメール講座

オラクルカードメール講座

7日間で基礎を学べます

オラクルカード講座

オラクルカード講座

学んで終わりにならない講座

オラクルカード動画レッスン

オラクルカード動画レッスン

自宅でいつでも学べます♪

プレミアムエディション

プレミアムエディション

オラクルカードのテキスト

奇跡のコース・メルマガ

奇跡のコース・メルマガ

こころのエクササイズ

こころのエクササイズ

奇跡のコース365のレッスン

奇跡のコース動画

奇跡のコース動画

Zoomクラスの動画集

LINE/SNS

LINE/SNS

Twitter 今日のメッセージ

Twitter 今日の奇跡のお祈り

  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © ヒーリングサロン&スクールLumiere All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.