『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson351:わたしの罪なき兄弟は、平和への導き手です。わたしの罪深き兄弟は、苦痛への導き手です。そしてわたしが見ようと選んだほうを、わたしは見ることになります。
  
忘れずにいたいこと。
 
兄弟の無罪性を受け入れるとき、あなたは彼の中に贖罪を見るだろう。なぜなら、彼の中に無罪性があると宣言するとき、あなたはそれを自分のものとし、そうして、自分が探し求めていたものを見ることになるからである。兄弟の中にそれがないと信じている間は、あなたは彼の無罪性の象徴が彼の中で輝いているのを見ることはない。彼の無罪性が、あなたの贖罪である。それを彼に与えなさい。そうすれば、あなたは自分が承認したことが真理だとわかるだろう。

(『奇跡講座 テキスト編』T-14.IV.1/中央アート出版社)
 
 
あなたは自分が見る一人一人について、十字架刑と救いのどちらにふさわしいかを判断し、贖罪の神聖な環の中に入れたり、外側に置き去りにしたりする。彼を清らかさの環の中に連れていくなら、あなたはそこで彼と共に休息するだろう。彼を外側に置き去りにするなら、あなたは彼と共にそこにとどまるだろう。

(『奇跡講座 テキスト編』T-14.V.11/中央アート出版社)
 
 
 
兄弟姉妹は、みな無罪です。
罪のなさを、神聖性を見るなら、わたし自身の罪のなさを見せてもらうことになる。
神の子はただひとりなのだから。
 
 
あなたは攻撃するたびに自分自身の弱さを招き入れ、赦すたびに内なるキリストの強さを招き入れているということを、思い出しなさい。そういうことなら、赦しが自分に何をしてくれるのか、あなたにはもうわかり始めたのではないだろうか。それはあなたの心から、弱さ、緊張、疲労といった感覚をすべて取り除く。恐れや罪悪感や苦痛をすべて取り去る。神がわが子に与えた決して傷つくことのない強さと力を、あなたが再び自覚できるようにする。

(『奇跡講座 ワークブック編』レッスン62/中央アート出版社)
 
 
随分前のレッスンで、学びました。
 
 
昨日に引き続き・・「ひとり残らず」。
 
もちろん身近な人たちだけではなく、世界の誰か——テロリスト、あらゆる犯罪者も含めて——すべての人のなかに神の子の無罪性を見せていただくこと。
 
この世界は実在していないという事実を憶えているなら、何があっても、完璧な平安、「神、在り」の真実、愛だけがリアルであるということをほんの一瞬であっても感じられます。
 
犯罪者とされる人たちが、どれほど神を愛しているか、神を求めているか、それが感じられることがたびたびあります。
 
 
 
第13章にこのような箇所があります。
 
神の子の十字架刑以外のものでは、究極的に自我を満足させられない

 
どこであれ自我に無罪性を知覚させるなら、自我はそれを破壊しようとする。なぜなら自我は恐れているからである。

 
自我にとっては、罪悪感なき者は有罪である。攻撃しない者たちは自我の「敵」である。

 
真理の穏やかな光の中で私たちは、あなたが自分は神の子を十字架にかけたと信じていることを、認識しよう。あなたはこの「恐るべき」秘密を認めていない。なぜなら、もし神の子を見つけ出せるなら、今でも彼を十字架にかけたいと願っているからである。

 
 
神の子の殺害を企図する自我(エゴ)を教師にしたいと、本気で思っているのだろうか。
本当に、誰かのことを肉体として見て、有罪宣告をしたいだろうか。
 
 
わたしは、見たいと望んでいるものを見ることになります。これに例外はないのでした。
 
攻撃のあらゆる形を、たとえテレビ越しにでも見るということは、それは、やはり、わたしの攻撃心、たったひとつのマインドの過ちを見ているということ。
 
本当は、何もしていない。
分離は、一度も起きていない。
 
神の愛から、離れたためしはない。
 
それを、ほんとうに・・思いだしたいです。
だからこそ、すべての人の、つまりは神の子の、無罪性を見る。
 
誓います。
 
 
Blessings,
 
2019.4.16
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック13 サンシップ/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら