『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson347:怒りは必ず、判断を下すことから生じます。判断とは、奇跡を自分から遠ざけておくために、わたしが自分自身に対して使う武器です。
  
怒りについて振り返ってみます。
 
テキスト第6章の序章でこのように述べられている箇所がありました。
 
自分が攻撃されたと信じ、それに対する反撃が正当化されると信じ、そのことに自分は何の責任もないと信じているのでない限り、怒りが生じることはあり得ない。

(『奇跡講座 テキスト編』/中央アート出版社)
 
 
自分が攻撃されたのだという判断(自分が否定された、見下された、ぞんざいに扱われた、愛されていない、認めてもらえない、わたしは脆弱だ、わたしは劣っている、わたしは醜い、わたしは無能だ、わたしは無力だ、などという判断)を抱いているからこそ、怒りが生じる。不平不満が出てくる。嘆き悲しむことになる。
 
 
判断についても、振り返ってみます。すでに繰り返し学んできたことです。
 
判断というものは、真理から身を守る防衛の武器として作り出された。それは判断されている対象を分離させ、あたかも別個のもののように引き離す。

(『奇跡講座 ワークブック編』レッスン311/中央アート出版社)
 
 
分離の思いを継続させるために、自己を弱きものとして、神から分離された、限りのある存在として見続ける。それがそっくりそのまま他者に映し出されて、相手の限りのなさ、清らかさ、美しさを見ずにおく。それどころか、良い・悪いの判断を下し、攻撃心を抱く。表に出そうが出すまいが、同じことです。ほんの少しの苛立ちであっても。
 
確かにそれは、奇跡(訂正)を、間違った(エゴの)知覚から正しい(ホーリースピリットの)知覚へと移行することを遠ざけることです。拒否することです。
 
 
判断は、そもそも、自分でできることではないのでした。
 
あなたが外側に見るものはどれもみな、あなたが内側に見たものについての判断である。それがあなたによる判断であるなら、間違ったものとなる。判断はあなたの機能ではないからである。それが聖霊による判断であるなら正しいものとなる。判断はまさに聖霊の機能だからである。一切の判断を自分の手もとに取っておかずに、聖霊が判断する通りに判断することによってのみ、あなたは聖霊の機能を共有する。あなたは自分自身に逆らう判断をするが、聖霊はあなたのための判断をする。

(『奇跡講座 テキスト編』第12章/中央アート出版社)
 
 
判断は、ホーリースピリットの機能であって、わたしの機能ではありません。
一切の判断を手もとに取っておかない。それは、わたしの願いです。
 
愛のまなざし——それも、わたしの定義する「愛」のまなざしなどではなく、神の愛を知っている、ホーリースピリットのまなざし——によってすべてを見るなら、世界は、神の愛があまねく行き渡っている、美しいところになる。
 
ありがとう、そう心から言える世界に。
 
 
Blessings,
 
2019.4.12
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック13 サンシップ/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら