『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson225:神はわたしの父です。そして神の子は父を愛しています。
今日もとても深い一日でした。

今日の祈りの冒頭に

父よ、わたしは、わたしに対するあなたの愛をお返しせずにはいられません。

と書かれています。
 
あなたの愛をお返しする、とはどういうことだろうかと最初思ったのですが、祈りに入っていき、瞑想していたら、「お返しする」ということは、すべてのなかに神を見ることであり、いつも神のようであること、すべてに愛を惜しみなく与えることなのだと感じられました。
 
神の愛をお返しする日。朝、それを忘れまいと心にしみわたらせて、出かけました。
色々と愛を分かち合う機会がありましたが、今日の気づきのエピソードだけ、ここに記しておこうとおもいます。
 
 
今日はなぜか行きの電車を1本逃してしまい、あと10秒あれば乗れたはずだったという、わずかな時間差で乗り遅れ、帰りの電車(何時の電車に乗るかは決めていませんでしたが)も、ホームに着いたところでドアが閉まって発車してしまい、10分ほど待つことになりました。
 
 
行きも帰りも同じ状況になることは、とても珍しいこと(もしかしたら、初めてのことかもしれません)なので、ホームの椅子にゆっくり腰掛けながら、ここで受け取らせていただける学びは何だろうと思いました。
 
普通、こういうとき、アンラッキーなこととして捉えるのでしょうけれども、わたしにはそのようには感じられませんでした。すべてのことは、よきことのためにあるからです。すべてのことは、必然だからです。
 
 
学びを受け取りたいという気持ちで、到着した電車に乗り、座席に座りました。
すると、すっと言葉が降りてきたのです。さらさらと流れるように、聞こえてきました。
 
与えるためにここに置かれた、ということを受け入れることが、受け取ること。
 
 
電車に乗り遅れたのではなく、この時間の、この車両に乗ることになったのは、「与えるため」だということ。
神の愛を差し出すために、いま、ここにいるということ。
そのことを感謝の思いで受け入れることが、神の愛を受け取ることなのだ、という意味です。
 
わたしは電車に揺られながら、与えさせていただける機会が、ここにあるのだということを受け入れました。
 
 
次の駅で、多くの人が乗り込んで来ました。
わたしは隣に人が座りやすいように横に詰めたのですが、隣の若い女の子は、両肘を左右に突き出したまま携帯電話をいじっており、どうしてもわたしの腕と当たってしまう状態になりました。彼女はそれでも、そのままです。
 
ああ、彼女の神聖性を見させていただく機会が与えられている、と思いました。
 
目を閉じて、ホーリースピリットに祈ります。
彼女の美しさ、光、輝きを感じ、わたしはただしずかな気持ち、平和な心地になりました。
 
彼女は肘を張ったままだけれども、わたしは身体ではないということを感じたし、その状態には何の意味もないことを感じました。
 
かつての、若い頃の自分を、ゆるしたような気持ちにもなりました。
最初、ああ、彼女はわたしだと思えたのです。

周りが見えていなかったわたし、無神経だったわたし、非常識だったわたし。
けれどもそれは、どこにも、実在していません。幻想だったのです。

 
わたしの誤ったセルフイメージは、たくさんの過去は、実在してはいないということを、彼女が見せてくれました。彼女が教えてくれたのです。
 
数分のあいだに、わたしは神の愛を受け取らせていただきました。
 
 
与えるためにここに置かれた、ということを受け入れることが、受け取ること。
 
いつも、そうなのです。
どこにいても、誰といても、何をしていても。
 
そこにいるとき、「いま、ここで与えなさい」と言われているのだとおもいます。
 
 
何の因果で、ここにいるのか――たとえば職場、たとえば偶然座った場所、立ち寄ったお店――それを自分でこじつける必要はなくて、ただ与えるためにここにいる、ということを受け入れるなら、いつでも、どこでも、誰とのあいだにおいても、神の愛を経験できる、受け取らせていただけるのです。
 
何時何分の電車に乗ろうとも、どこの車両に乗ろうとも、そこが、「いま、与える場所」。「いま、置かれた場所」。
 
生まれた国も、両親も、進学先や就職先、パートナーとなる相手も。みんなそう。
与えるために、そうなった。与えるために、そこにいる。与えるために、出逢った。
 
神に与えられている愛を、惜しみなく差し出す喜び――。
これ以上の幸せがあるでしょうか。
 
 
神の愛をお返しするというのは、兄弟姉妹に愛を差し出すこと、分かち合うこと。
そのように感じた一日でした。
 
 
Blessings,
 
2018.12.11
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック9 祈りのある生き方/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら