喉の調子がおかしかったので、エアコンのつけっぱなしのせいだと思ったわたしは、しばらくは普段通り過ごしていたのですが、咳が出るようになり、体が重く感じるようになってしまったので、どうやら風邪を引いたらしいと考え、抽斗にしまってあった風邪薬を出して飲みました。

わたしの体調が良くないのは、本当はエアコンのつけっぱなしのせいでも、風邪を引いたからでもないのであって、肉体の病というのは魔術への信仰を象徴しているのだということ*1を思いだし、心の誤りを訂正するよりほかにないのだと思うのだけれども、そのときのわたしの自然な感覚で、風邪薬を飲むことにしました。

それは粉薬で、包みを開いて口に入れるものなのですが、紙を左右に開きながら、訂正のために薬剤を使用することがだめなわけでもない*2ということも思いだしつつ、けれどもこの機会を、自分の行為を正当化するのではなく(風邪薬そのものに力を見るのではなく)、本当の癒しの機会としたい(心の本当の力を思いだしたい)と感じたわたしは、そのことを祈ってから粉薬を口に入れました。

すると、すぐに、「まだまだ足りない」と自分を責めている思いがあることに気づきました。自罰的な考えがわたし自身を鞭打っていることに。愛されているのに、真に深く受け入れていないのだということに気づいたと同時に、ふんわりとやさしい、あたたかなものがわたしを包み込んでいるような感覚がありました。もうすでに、ゆるされている、という感覚が。

何も探さなくていい。何も追わなくていい。個人的な目標などひとつも持たなくていい。
そのような気持ち――深い安心感とあたたかなもの――が心にひろがっていきました。

自罰的な考えは手放して、心にしか力がないということを、ずっと恩寵の状態にあるということを、そしてスピリットとしてわたしたちは完璧だという真実を、忘れずにいたいとおもいます。

Blessings,

────────────────────────────────────────────

*1…テキスト第2章.Ⅳ.2:7
*2…テキスト第2章.Ⅳ.4:4

 

ゆるしのまなざし Blog記事については↓

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら