奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson184:わたしは、神の名を受け継いでいます。

 
昨日のレッスンと繋がっているレッスンでした。

昨日、「神の名」といっても、べつに、何か固有の名前があるわけではないし、具体的にこういうことだ、と説明できる領域を超えてしまっているように感じると書きましたが、

今日のレッスンの12段落目に、

神には名はありません。それでも、神の名はすべてのものはひとつであるという最後の教えとなり、この教えで、すべての学びは終わります。

と書かれてありました。

この世界では、固有の名前があって、分類したり区別したりするけれども、ワンネスに境界線はないのだから、そこに言葉を当てはめることはできるはずがありません。

真実は、この分離の世界とまるで異なっています。完全に逆です。

あなたは、象徴のみを見て、生きています。あなたは、目にするすべてのものに名前をつくり上げました。そのひとつひとつが分離した存在となり、それぞれの名前によって識別されています。

このようにして隔たりを見ている空間が、この分離の世界の知覚を成り立たせる手段となっている・・というのは、考えもしないことですが(あまりにも当然のように思えてきたからです)、からくりを知れば、もう肉眼で見えるものに反応しなくていいのだと気づけます。

まだ、ここでの象徴を使う必要があるけれども、それらに意味がないということを忘れず、また、自分で判断してうまく活用しようなどと考えることなく、ホーリースピリットにゆだねることがどれほど大切かということを、胸に刻んでいたいと思います。

この世界は実在していないけれども――たとえば今日は美容院に行ってカットしてもらい、髪を染めてもらいましたが、このようなことには何ひとつ意味はないけれども、そこに力を見たり、間違った知覚を確かなものにしようとしたりせず、ただホーリースピリットのまなざしで、やさしく日常のあらゆることを愛でてゆくことによって(祝福を受け取らせていただくという意味においてひとつの例外も設けないことによって)、一体性へと戻る準備が整っていくのだろうと感じます。

食事をするのもそう。その行為には何の意味もないけれども、食事という行為のもっと奥にあるもの、食事を介して、ただ神の愛を受け取り、誰かとわかち合うこと、ただ延長されてゆくがままにすること、その練習が大切なのだと思います。

今日の瞑想では、本当にただわかち合わせていただくだけなのだと感じました。
自分ひとりで戻るのではなく、兄弟姉妹と一緒に戻るのだから。

この世界のそこここに、神の愛があまねくゆきわたっているのを、みなと一緒に経験し、喜びあいたいです。

Blessings,
 
2018.10.31
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック7 永遠の生命/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら