奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson185:わたしは、神の平和を望みます。

 
まず、心にど~んと響いてきたのは、冒頭の言葉です。

これらの言葉を言うことには何の意味もありません。けれども、これらの言葉を心から思うことはすべてだと言えます。もしあなたがこれらの言葉をほんの一瞬でも本気で思うなら、どんなかたちであれ、どこであれ、いつであれ、悲しみをこれ以上味わうことはあり得ないでしょう。天国が完全に目覚めている心にすっかり返され、神の記憶は完全に元に戻され、すべての創造されたものの復活は完全に認められるでしょう。

本気で言うことができるかどうか。本気で思ったことがあるかどうか。
まずゆっくり自分に問いかけてみたいと感じました。

願ったことは、思ったことは何度となくあったけれども、本気だったかと聞かれれば、YESと胸を張って言えない、というのが正直なところです。

今日のレッスンを読んでいて、すこし驚いたのは、昨晩「ACIM学習シェアクラス」だったのですが、そこでわたしが話したことと、今日のレッスン内容が見事に一致していました。

また、シンクロ。笑
コースを学んでいると、それにしても、こういうことが頻繁に起こります。あまりにも多いので、いちいちびっくりすることがなくなってきましたが、それにしても、あまりにも内容が一致していたので、おもしろく感じました。

 

自我の心で読んでいると、ざわついてしまうであろう箇所は、たとえば5段落目の

神の平和を望むという意味は、すべての夢を放棄することです。

という一文だろうと思います。

ほんとうに、心から、本気で、神の平和だけを望むと言いたい。

以前は、それは、代わりに何かを失うことだと感じていました。おぼろげながら。
いろんな楽しみ、悦び、関係を、諦めて――というより犠牲にして――神のもとへ帰らなければならないのだと言われているように感じていた時期がありました。

でも、もう今では、そのような気持ちにはなれません。
ここが幻想だということを、強く感じるようになったからです。つまりはここの、無意味さを。

ところで、幻想なのだ、無意味なのだという事実に触れて生きてゆくことは、隠遁するということではありません。

平和だけを望むことを本気で思う心は、他の心とつながらなければなりません。平和は、そのようにして得られるものだからです。

他の心とつながって、この世界で、いやにリアルに思えるものたちのなかで、それでも幻想を実在のものとしようせず、肉眼ではなく心の眼でみてゆくこと、すべての判断をホーリースピリットにまかせること。

それは修行なのではなく、幸せな、心地よさを感じられるプロセスです。
少なくともわたしは、そのように感じています。

今日は、奇跡のコースをベースにしたヒーリングをさせていただいたのですが、他の心とつながって、神の子の完全無欠性を思いだすプロセスを経験させていただけることは、ほんとうに喜びです。

その方にもたらされたメッセージは、「あなたは共同創造者です。あなたを通して神の力をはたらかせてください」というものでした。美しい、神聖な瞬間。

この世界を、夢を、幻想を選びたいなどとは、やはりもう思えません。抗いたくなる自我の誘惑はまだあるでしょうけれども、それでも少しずつ、氷が溶けてゆくのを、はっきりと感じています。

 

Blessings,
 
2018.11.1
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック7 永遠の生命/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら