『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson12:わたしが動揺しているのは、意味のない世界を見ているからです。
 
 
最初に今日のワークをやってみたときは、「もしわたしを誰かが裁くとしたら、それはわたししかいない」ということが、ふと浮かんできました。
 
何もないものに、意味を与え、価値を与え、あるいは遠ざけるものにして、それを世界と呼んでいるというのは、どうかしているし、自分でそのように見ておいて、それにいちいち反応しているというのは、ひどく奇妙なことだとおもいました。
 
「わたしは○○な世の中を見ている」と当てはめていくときに、大切な人を目の前にして(もちろん声にだして言うわけではないけれど)、「わたしは悲しい世の中を見ている」だとか、「わたしは恐ろしい世の中を見ている」といったふうに言うとき、微かに動揺していることに気づきました。
 
というより、まず、そこにいるのに、当てはめずにいようとする自分がいるのです。視界に入っているのに、すっと飛ばす。
その他の、どうでもいいもの(と思っているもの)たちに目をやって、「わたしは悲しい世の中を見ている」などと言ってみる。
 
ああ、怖がっているんだと気づきました。だから、逃げずにやってみました。大切な人を目の前にして。「わたしは恐ろしい世の中を見ている」。
 
すると、頭(思考、マインド)が混乱しているのがわかりました。与えた意味と、心の内で言っている言葉の不一致。
わたしは、自分が与えた意味を見たがっていて(この人は大切、だから素敵に見える、そのように見たい、という気持ち)、そうでない視点(実はそれはフィクションだよ、幻想なんだよ、という声)など、受け入れたくないのです。
 
自我(エゴ)にとっては、自分が与えた意味(自分のものの見方)のほうが正しくて、それ以外は間違っている。でも実はそうじゃない。わたしの与えた意味は全部間違っていて、ここはリアルじゃないということが真実。
 
わたしが与えた意味を取り下げると、「もう、ゆるされている」という感覚がやってきます。
両手を合わせて、「ありがとうございます」と言う、そのような気持ちになります。もう恵みは与えられている、ずっと愛のなかに、平和のなかにいる、そのような感覚が思いだされます。
 
 
 
 
2018.5.12
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック1 わたしは何も知らない/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら