『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson86:復習2 レッスン71,72
 
 
レッスン71
神の救いの計画だけがうまくいきます。
 
レッスン72
不平不満を抱くことは、神の救いの計画に対する攻撃です。
 
 
レッスン71では、もうすでに果たされたことなのに、それを受け入れられないでいただけなんだと感じました。
外側にはけっして救いはないこと、それをほんとうに理解したい、受け止めたいとおもいます。
 
神の救いの計画は、「これから」うまくいくことではなく、「すでに」、「それだけが」果たされていること。

以前は、これを受け入れようとすることは、不安なこと――そんなことはないのに、なぜか、放り出されてしまうような、自分の計画は一切持たずにゆだねることは、かえって恐ろしいことのような気がしていたのです――でしたが、いまでは、とても安心することだと感じられます。
 
 
レッスン72は、いまになって、とてもわたしの心に響くレッスンの1つとなりました。
「不平不満を抱かない」というのは、「愛は不平不満を抱きません」(レッスン68)のときもそうでしたが、どこか道徳的なことを言われているように感じていました。このワークブックのレッスンに取り組むのは4回目ですが、この4回目になるまで、どこかでそんな感覚があったようにおもいます。むろん、コースは道徳ではないというのに。
 
時間の理解の仕方がおかしかったというか、今後は不平不満を持たないように心がけるべき(ある意味ではそういうことになりますが)、という考えがあって、これから先、努力することによって神の救いの計画が果たされるような、そんなイメージがありました。
 
でもそれは違っていて、わたしは「これから」神の子に「なる」わけではないのですよね。
わたしは永遠に神の子で、それが侵されたことはただの一度もないのです。
 
もし、たしかにわたしが神の子であるなら、愛そのものであるなら、、、神の子が不平不満を抱くはずがないのです。
抱きようがない。愛以外の思いを持つことは不可能です。
 
わたしは「これから」、努力して神の子に「なる」のではなく、ただシンプルに、いま神の子であるということを、ありのままを認めるだけでよかった、邪魔しなければよかったのです。
 
もしわたしが不平不満を抱くなら、それは、「わたし」を間違ってしまっているということ。
神の子の否定は、創造主の否定。神に抗っているということ。攻撃しているということ。
 
 
この世界のあらゆることが、どうなろうと、わたしの人生がどう転んでいこうと、外側には意味はなく、ただそれを、ひとつひとつをどう見るか、ホーリースピリットのまなざしで見ていくかどうか。それだけなのだとおもいます。
 
すでに果たされているからこそ、「神の救いの計画だけはうまくいく」。
もう、うまくいっている。
平安だけが、「いま、ここ」にある。
 
それを受け入れ、ほんとうのわたしだけを受け入れたいとおもいます。
すべてのひとの、聖性だけを。
 
 
Blessings,
 
2018.7.25
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック4 聖なる関係②/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら