今日(1/23)は、ACIM学習シェアクラス(『奇跡のコース』/『奇跡講座』の学びについてわかち合うクラス)の日でした。Skypeでおこなっているので、関西圏の方だけでなく、東京や岡山にお住まいの方もご参加くださいました。

 

テキストクラスよりも気軽な感じで、より日常のことを見ていく時間なのですが、終わったあとの、心のほっこり感がわたしは好きです。みなさんのことが好きだなあって感じます(最後に言いたかったけど、言いそびれてしまいました 笑)。

 

ワークブックのレッスンをスタートされて間もない方、数年学ばれている方、始めた時期はそれぞれでも、日々感じていることは共通していたり、「そうそう、それが大事だったよね」って一緒に思いだすことができたりするので、よき機会になっているのではないかなとおもいます。

わたし自身が、みなさんに助けられていますし、ほんとうに……支えになっています^^

 

レッスンをやってみてはいる、ゆるし(訂正)のために祈ることもある、けれども進んでいる気がしない。そんなふうに感じることがあるかもしれませんよね。きっと、「奇跡のコースあるある」だとおもいます。

 

 

わたしの場合、みなさんのお話を聞いているときに、コース関連の本やコースのテキストの一部がふっと思いだされることがよくあるのですが、今回もそうで、3か所くらいご紹介させていただきました。

そのうちの1つは、ゲイリー・R・レナードの『不死というあなたの現実』(吉田利子訳/河出書房新社)という本からの引用で、

ヒンズー教には、エゴの解体とはタマネギを剝くようなものだ、というたとえ話がある。そのたとえを借りれば、きみが誰かを「コース」にあるとおりの意味で赦すなら、タマネギを一枚剝いたことになる。というか、エゴの層を一枚剝いたわけだ。きみには何も変わらないように見えるかもしれない。どうしてか? タマネギを一枚剝いても、やっぱりタマネギだ。同じように見えるだろう。だがほんとうは同じじゃない。一枚剝かれて皮が減っているんだから。

という箇所でした(この本は会話形式で書かれています)。

 

日々、「ゆるし」。日々、ものの見方の訂正について祈る。心に平和が戻ってきたり、すこしは受け止め方が変わったような気がするときもある。
それでもまだまだ、訂正すべきことがあふれてくる。ゆるしをおこなったかに見えて、ちっともゆるせていなかったことに気づく。まだ怖がっている自分がいる。まだ分離したがっている思いに気づく。

 

でもそんな自分を、否定したり責めたりする必要はないんですよね。ひとつひとつを訂正してゆく。一枚一枚……タマネギの皮を剝いてゆく――。それが実はどれほど大切なことか。

 

ほんの薄い皮一枚であったとしても、それをたいして意味のないこととして、進歩できていないこととして見るのではなくて、ほんとうの「ゆるし」を続けてゆくそのあり方を大事にしていきたいですね^^

 

ご一緒してくださいましたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
またよろしければお気軽にご参加ください。

これからの方も、どなたさまでもいつでも、心をひらいてお待ちしております♡

 

心をともにして、たったひとつの心をたいせつにして、歩んでゆくことができるよろこびと安らかさを一緒にあじわいましょう。

 

Blessings,

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら