わかち愛ミッション

人生を「準備の人生」で終わらせない

 
あなたの大事なミッション、「わかち愛」。

それは、いつかできたらいいな〜という
遠いことではなくて、
今すぐできることなのでしたね^^

これについては前回述べました。
(メルマガで過去の記事をお読みになれます)

 

今日は、さらに掘り下げてみます。

愛をわかち合って生きていくこと、
それこそが真に助けとなる生き方
だと感じています。

 

ひとつ間違わずにいたい、大事な点を記しておきますが、
愛をわかち合うと言っても、お節介を焼くことではありません。

わたしが定義する「愛」をわかち合う、ということではなく
ほんとうの愛をわかち合うのです。

このことについてはいずれまた詳しく述べてみますが、
押さえておきたいポイントは、
良かれと思ってすること、善意は「ほんとうの愛」ではない
ということです。

ニアリーイコールということはあるかもしれませんが
完全に一致することはありません。

概ね、わたしたちが「これは愛」と思っている愛は
ちっとも、、、愛ではないのです。^^;

 

話を戻しますね、

わたしたちの大事な大事なミッションは
ほんとうの愛を分かち合うことでした。

これは、

いつか・・もっと努力して
いろんなことを学んで、心を磨いて、
愛の人になれたら、やっていきたいな・・

なんて、先延ばしにすることではありません。

 

 

「準備の人生」を生きておられる方が
時々いらっしゃいます。

わたしにはこれが足りない、あれが足りない、

もっとこれを勉強して、
もっとあれを身につけて、、、

わたしはまだまだ、
わたしは全然ダメだ、、

そんなふうに思って、
「○○ができるようになるまでは・・」と
一生懸命がんばる。

でも、ほとんどそれができるようになっても
「いや、まだ△△ができていないから、
それができるようになるまでは・・」と

何だかんだと理由をつけて
アウトプットすることを先延ばしにする。。。

このままじゃあ・・

人生が、「準備」で、終わってしまいます(>_<)

 

愛を差し出すことに、能力も資格も要らないんです。

愛をわかち合うための「検定」なんてありません。

すべての力が、すでに与えられているんです。

 

どうして、「まだ」なんて、言うのですか??

なぜ、「今」ではないのですか??

 

認定をもらって施術することが
愛を差し出すことなのではありません。

ほんとうの愛の表現者となるのに、
ニンゲンの認定なんて、要りません。笑

 

肩書が何であろうと、
今どんな環境にいようとも、
どんな知識を持っていて、
どんな短所を持っていようとも、

そんなことは、どうでもいい。

何にも関係ない。

 

 

ほんとうの愛が何かを理解していない、

どうやって愛を差し出せばよいのかわからない、

だから、望んではいけない、やってはいけないのではなくて

だから、お祈りするんです。

 

わたしには愛が何か、理解していません。
けれども、わたしは真に助けとなる生き方を望んでいます。

惜しみなく愛を差し出すことを願っています。
どうかわたしを導いてください。

たとえば、そのように。

 

すべての力はすでに与えられているのです。
それなのに、自分を無力だと思っている。
力が何かさえ、ちっともわかっていない。

ほんとうの力とは、ほんとうの愛のことです。

ほんとうの愛にしか、力はありません

 

静かにして、祈るなら、
必ず祈りの答えを受け取ることになります。

なぜなら、それがわたしたちの
ほんとうの願いだからです。

 

準備の人生ではなく、
今、惜しみなく愛を差し出す生き方を
選びたいものですね・.*

次回は秘訣についてお伝えします。
おたのしみに☆彡

Blessings,

 

 


スピリチュアル分野でお仕事したい方専用
スピリチュアルビジネス♡プレミアムテキスト