わかち愛ミッション

好きなことが仕事になるかどうか

 
スピリチュアルなことを
仕事にしていきたい方が多かったので
今回は「趣味とプロ」の違いについて
お届けしていこうと思います^^

 

 

好きなことが仕事になるかどうか、
その分かれ目は「あり方」だと
これまで何度かお伝えしてきました。

好きなことというのが、
例えばセラピーやヒーリング、
カードリーディングだったとして

それが「仕事」になるということは

趣味ではなくプロとして
やっていけるということですよね^^

もちろん、
偶然プロになれる‥ということは
あり得ません

ちゃんと理由があります◎

 

 

目的がすべて

 

趣味とプロの大きな違いは、
やはり目的でしょう。

好きなことが
仕事になるかどうかの違いは、

その「好きなこと」を
何のためにやっているかの違いです。

〇〇セラピー、〇〇ヒーリング、
〇〇リーディングなど、

あるいはスピリチュアルなことでなくても
当てはまることですが

何のためにそれをしているのか
これが「分かれ目」です。

 

自己満足のためにやっているのか、
わかち愛のためにやっているのか。

目的によって、
その「好きなこと」が
そのまま「自分の好きなこと」止まりか、

プロとしての仕事」になるかが
決まるわけです。

非常にシンプルですよね^^

 
もし、わかち愛のためなら、

ともに喜びをわかち合いたい
ともに学びを深めたい
ともにギフトを受け取りたい

そう願っているなら、
必ず、誰かと関わることを選びます

 

SNSで発信したり、

直接身近な人に
セラピーやリーディング、ヒーリングを
して差し上げたり、

何かしら行動に現れるはずです。

思いと行動というのは、
本来一致しているものだからです。

 

わかち愛の精神があるけれど
誰とも関わろうとしない、というのは
矛盾しています。

愛より、恐れを選んでいるから
行動面で表現されないのです。。

 

一番重要なのは、目的です。

何のためにそれをするのか——。

自分一人の喜びのためなら
それはずっと趣味のままです。

 

趣味のままであることは
もちろん、何も悪いことではないですよね^^

たとえば映画を観ることは好きなことだけれど
映画に関しては
わかち合いたいという気持ちではなく
ただ自分が楽しみたいから、、ということもあります。

映画評論家になったり、映画監督になったり
映画に関して何かのプロになる必要はないなら、
映画に関して「わかち愛」をしたいという思いがわかないでしょう。

 

ただ、わかち愛の心で生きることを選んでいたら、

最近観た映画のストーリーが
友人の悩みとリンクしており、

その映画を観ると友人が気づきを
得られるような気がして、
それを伝える・・という采配はあるかもしれません◎

趣味も、ときに「わかち愛」の道具になります^^

 

 

趣味のままであることが劣っていて、
仕事にできるほうが優れている、ということは
まったくありません。

ただ、仕事になっていくかどうか、
プロとして立てるかどうか、という点で言えば、

自分の満足のため、自分が楽しめたらOK、
そのような感覚でいるだけでは
もちろん仕事にはならない、ということです。

逆の立場になって考えれば
すぐわかることですよね^^

 

もし、好きなことが仕事になればいいなと
思っておられるとしたら、

目的を見つめ直すところから
始めてみましょう。

何のためにそれをするのか。

目的が明らかになれば、
必ず行動面でも変化します。

次回続きを書きますね^^

お楽しみに☆彡

Blessings,

 

 


スピリチュアル分野でお仕事したい方専用
スピリチュアルビジネス♡プレミアムテキスト