【大阪】【東京】あなた本来の輝きと女神性を呼び覚ましフェミニンリーダーシップを発揮できるようサポートする,ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー®末吉愛のサイト
スタディブログ

Meditate ~本当の「問題」とその在りか~ #009

癒しのポータルサイトCOCORiLA連載コラム再録

 

末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第9回
 

のコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。 

毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪ 

今回使ったのは「アセンデッドマスターオラクルカード」で、引いた1枚は「Meditate」でした。 
今回は「瞑想」について書いてみます。

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜

わたしたち大人は日常生活の中で、知らず知らずのうちに心身の疲れを感じることがありますが、
ストレスが溜まった時の発散方法として、みなさんはどのようなことを取り入れているでしょうか。

遊びに出かける、おいしいものを食べる、買い物する、お酒を飲む、運動する、たくさん眠る、マッサージを受けに行くなど、人によってそれぞれだと思います。

そういった方法によってストレスが「解消」されればOKですが、実際、一時的には緩和しても、
また日常に戻ると同じことでストレスを感じはしないでしょうか。

ハンス・セリエによれば、「ストレス」とは外部からの身体的・心理的刺激に対する人間の反応であり、
その刺激のことを「ストレッサー」と言います。

上司に嫌味や厳しいことをしょっちゅう言われる(ストレッサー)ことにより、
胃が痛くなる(ストレス反応)。

上司がもっと優しい人なら良かった。どこか異動になってくれればいいのに。
なんであんなに言い方がキツいんだろう。

金曜の夜は同僚と飲みに出かけて愚痴を言い合い、カラオケで熱唱してストレス発散。
月曜の朝は憂鬱で、上司の顔を思い出すだけで胃が痛くなり、うんざりする。

たとえばこんな毎日を過ごしているとして。
「飲んで歌って」では、結局、ストレス「解消」にはなっていないわけです。
感じないようにしているだけ、誤魔化しているだけにすぎません。

わたしたちにとっての「問題」というのは、実のところ「外」にはありません。
環境や誰か対象となる人が「問題」の原因ではないし、まして「問題」そのものが降りかかった災難、天罰などということはありません。
「問題」は「外」にはないにもかかわらず、わたしたちは「外」にあるものでそれを解決しようとしがちです。
いくら飲んで歌ったって、解決にはなりません。

環境や相手を変えることは不可能ですし、その環境やその人は「悪く」ありません。
あなた自身も「悪く」ありません。

誰も何も悪くないけれども、わたしたちは自分の思考、フィルターを通して世界を「問題」のあるように見ているし、実際はそれが「内」、自分のマインドにあることに気づかないフリをして生きています。

こちらの言い分の方が誰がどう考えても正しい。いちいち嫌味を言うアイツは人間的に間違っている。
みんなが、人をこき使うこの会社には辟易している。世の中なんて理不尽で不条理なんだろう。

どちらが「正しい」か、どちらがより「道徳的」か、ということが大事なのではありません。

「正当性」をこそ自分の「武器」にして、相手を悪者に仕立て上げ、本当は自分の内面にある「怖れ」を
なんとしてでも守ろうとすることが、実際あるのです。

相手がどうであれ、自分から「愛」を差し出すことを怖れているのかもしれないし(先に相手が自分を受け入れてくれない限り、自分から先に相手を無条件に受容したり肯定すること、友好的に接することなどしたくない)、

本当の自分として生き生きと輝いて天職に就き、幸せを味わうことを怖れているのかもしれません
(劣等感やコンプレックスを抱き、自尊心が低く自己否定的で卑屈になって世の中を見ている)。

もちろんすべてがこのようだとは言いませんし、100人いれば100通りのものの見方と心の痛みがあります。
ただ、どれも決まって何か・誰かを「攻撃」していたり、何か・誰かに「不満」を持っており、
その根底はつねに「怖れ」であることは共通しています。 
 
 
 

 
 

わたし自身、≪あること≫をするまで、自分の「正当性」を「武器」にして、本当の愛あるコミュニケーションを怖れているなどと、自分の頭では少しも理解していませんでした(正確に言うなら、その真実を受け入れたくはなかったのです)。

知った時はとても驚きましたが、素直にそれを認めて相手に謝り、心の奥に合った――わたしたちの「本質」そのものであって、実際にはそれしか存在しない――「愛」を引っぱり出してきて、伝えました。

すると、相手も「愛」で応えてくれました。「本当のこと」を分かち合えたんです。

それまでわたしにとって「ストレッサー」でしかなかったことが、「ただ起きていること」、ひとつの事象であるだけで、それ以外の意味を持たなくなりました。そこに「悪い」意味を与えていたのは、まぎれもなく自分だったのです。

「正当性」というのはプラスのことのように見えて、
実は自分を防御するための口実に利用している「武器」なのかもしれません。

さて、わたしに大きな気づきを与えてくれた≪あること≫とは何かというと、
今回のテーマである「瞑想」です。

はっきり言って、上記のようなことを頭は受け入れようとしないでしょう。
「だって上司は~」、「でも世の中は~」と自我(エゴ)は話し始めます。それこそ「問題」なのです。
相手や環境が「問題」なのではありません。

頭では否定したり抵抗して拒絶することでも、「瞑想」している時は素直に受け入れることができますし、
何か日常でトラブルがあったり、イライラしたり、ストレスを感じるようなことがあった時、
その「解放」を「瞑想」が助けてくれます。

ただ息を吐いて吸って、「今、ここ」に存在すること。
そして内なるガイド、ハイヤーセルフに助けを求めることで、あなたの内なるガイドが、「真実」に気づかせてくれることでしょう。
 

★Miracle Lesson★
メソッド9
1日に1回はゆったりと瞑想して
すべてをゆだねてみる

瞑想を修行か何かのように
思う必要はありません。
雑念を無理に打ち消そうとしなくても
大丈夫です。
あるがままを受け止めてみましょう。
さまざま方法があるので、
自分に合ったものでトライしてみてください♪

2013/08/13掲載

Miracle☆Lesson他の記事はこちら

 

 

 
    
   
ルミエールのYouTube

ヴェリテのYouTube

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール
 
スピリチュアルカウンセラー
ヒーラー

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込むことなく、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては1000名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は5000名以上。セッションは10000件ほどになる。




20代の頃に出合ったA Course in Mracles ア・コース・イン・ミラクルズ という
 
多くの有名なスピリチュアルリーダーたちが学んできたと言われている、
世界で200万部以上販売されている本、
『奇跡のコース』の学習を30歳から本格的に始める。
 
香咲弥須子、ゲイリー・レナード、 デイヴィッド・ホフマイスター、ジョン・マンディなど
世界的に活動している奇跡のコースの教師から学び、
 
現在では学習会を毎月開催し、コースの教えを分かち合っている。
 
人生で本当の奇跡を経験し、愛と喜び、幸福が拡がり続ける生き方・あり方を 実践を通して伝えている。
 
詳しくはこちら

 

 

オラクルカード

オラクルカード

無料メールレッスン

わかち愛ミッション

わかち愛ミッション

無料メールレッスン

オラクルカードメール講座

オラクルカードメール講座

7日間で基礎を学べます

オラクルカード講座

オラクルカード講座

学んで終わりにならない講座

オラクルカード動画レッスン

オラクルカード動画レッスン

自宅でいつでも学べます♪

プレミアムエディション

プレミアムエディション

オラクルカードのテキスト

奇跡のコース・メルマガ

奇跡のコース・メルマガ

こころのエクササイズ

こころのエクササイズ

奇跡のコース365のレッスン

奇跡のコース動画

奇跡のコース動画

Zoomクラスの動画集

LINE/SNS

LINE/SNS

ルミエール facebookページ


Twitter 今日のメッセージ

PAGETOP
Copyright © ヒーリングサロン&スクールLumiere All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.