【大阪】【東京】あなた本来の輝きと女神性を呼び覚ましフェミニンリーダーシップを発揮できるようサポートする,ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー®末吉愛のサイト
スタディブログ

Believe in Yourself!~永遠のパートナー~ Miracle☆Lesson #004

癒しのポータルサイトCOCORiLA連載コラム再録

 

末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第4回
 
 

このコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。 
毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪ 

今回使ったのは「ユニコーン・オラクルカード」で、引いた1枚は「Believe in Yourself!」でした。 
というわけで、今回は「自信」について書いてみます。 
  
 

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜
  
 
承認欲求というのは、少なからず誰もが持っている欲求だと言えます。

人から認められたい、ほめてもらいたい。
努力していることをわかってほしい。

誰かから――とくに自分が尊敬する人や、憧れる人、愛する人、社会的地位があったり有名・有能な人に承認されることによって、自分の存在が確かなものであるのだと感じられ、安心する。

すばらしい人から認められた自分は価値があるんだ、と。

「あなたはすばらしい」
「あなたには才能がある」
「上手ですね」
「さすがです」

ほめられると嬉しいものです。それで自信がつくこともあるでしょう。

ただ、人の承認ありきで生きていたら、

ほめられる=自分には価値がある
認められない=自分には価値がない

ということになってしまい、承認されない自分はだめなんだと落ち込んだり、自信を無くしてしまうことになります。

カウンセラーやセラピストとしてセッションをする際、
クライアントの方から「自信がない」という言葉を聞くことが多くあります。

「やってみたいけど、自信がなくて。」

「自信」って何でしょう。

やってみたいことが、何の努力もせずに天賦の才であっというまにできてしまえる。
周りから力量を認められ、必要とされている。
多くの資格を持っていて、優秀で、失敗をしたことがない。
才能があり、その仕事に向いていて、いつでも完璧な結果を出せる。
誰からも愛されていて、人気者で、尊敬されている。

そういう自分だったら、「自信」を持てるのでしょうか。

能力が高ければ…
人望があれば…
容姿端麗なら…

「自信」が持てるのに。

―― 本当に?

何かを得ていることが「自信」につながるのだとしたら、
正直、わたしにはまったく「自信」がありません。

これがあるから、「自信」を持てる。

そういう感覚だと、その、自分の存在を確かなものにしている(と錯覚している)ものが無くなったとき、
あるいは、それがあったからといって通用しなかったとき、
「自信」を無くして苦しむわけです。
ときに、うまくいっている誰かと比べて。

多くの人が口にする「自信」は、他者の存在や、他者からの評価や承認、称賛と関係しています。

能力があると認められたから、「自信」がつく。
かわいいねってほめられたから、「自信」がつく。

あなたはこの仕事に向いてないねって言われたから、「自信」を無くす。
同期・同年代なのに向こうの方がうまくいっているから、「自信」を無くす。

「自信」の陰には、「他者との比較」が潜んでいます。

比較して、優っていたら「自信」があって、劣っていたら「自信」がない。

さて、「自信」の辞書的な意味はというと、広辞苑ではこう記されています。

  「自分の能力や価値を確信すること。自分の正しさを信じて疑わない心。」

自分はできるんだ!って思うこと、やれる価値があるんだって信じられること。

そこに他者は関係していなくていいんです。

誰と比べて能力があるか、どっちが勝っているか。
どちらが先に結果を出したか。
誰より優れていて、誰より周囲から慕われているか。

そういう視点でものを考えいたら、心が疲れてしまいます。

敵なんて、どこにもいませんし、
誰ひとりとして、あなたの存在を脅かすことのできる者はいません。 

 


 
 

 
 

今の現状がどうであれ、やりたいことができるようになる、達成したいことが実現できる。
そのために必要な力はすでに自分の中にあって、
磨いていくことで引き出されてゆき、結果を出せるのだと、無条件に自分を信じきってあげること。

もしそれが、“自信”を持っている状態だとしたら、わたしには“自信”があると言えます。

いっさい、自分を信じて疑わない。
確信の根拠(特別な能力や目立った成果)なんてありませんし、誰とも比べていません。

相対的に信じられるのではなくて、絶対的に確信しているだけです。

もし比べてしまったら――そういうとき、人は往々にして自分より先を行っている優秀な人と比べてしまうものなので、落ち込むに違いありません。

以前のわたしは、よく「自信」が無くて落ち込んだものです。
それこそ、時間の無駄なんですよね。何も良いものを生み出さない。

“自分を信じる”ことに、何かしらの条件など必要ないですし、誰かと比べて安心するなどというナンセンスなことはしなくていいんです。

大事なのは、自分との付き合い方。自分の扱い方。

他の誰かと比べるのではなく、人生の旅路における、「永遠のパートナー」である自分自身とどう向き合っていくか。

自分をぞんざいに扱いますか?
それとも
自分の価値を認めて大事に扱いますか?

自分の夢を鼻で嗤って否定しますか?
それとも
誰が何を言ったとしても、自分だけはずっと自分の夢の実現を信じてあげますか?

うまくいかなかったとき、責めずに自分を励ましてあげられますか?

自分を尊重する。自分を信頼する。自分で自分を承認する。

その接し方が、本当の“自信”につながっていくのだと思います。 

 

★Miracle Lesson★
メソッド4
自分をどのように扱うかを、そして何を実現させるのかを
永遠のパートナーである“自分”と約束してみる。

「大事にするからね」「夢を叶えてみせる!」など、しっかりとコミットしてみましょう。
がんばって少しでも何かを達成できたら、しっかりと自分をほめてあげてくださいね。

2013/06/04掲載

Miracle☆Lesson他の記事はこちら 

 

 
    
   
ルミエールのYouTube

ヴェリテのYouTube

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール
 
スピリチュアルカウンセラー
ヒーラー

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込むことなく、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては1000名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は5000名以上。セッションは10000件ほどになる。




20代の頃に出合ったA Course in Mracles ア・コース・イン・ミラクルズ という
 
多くの有名なスピリチュアルリーダーたちが学んできたと言われている、
世界で200万部以上販売されている本、
『奇跡のコース』の学習を30歳から本格的に始める。
 
香咲弥須子、ゲイリー・レナード、 デイヴィッド・ホフマイスター、ジョン・マンディなど
世界的に活動している奇跡のコースの教師から学び、
 
現在では学習会を毎月開催し、コースの教えを分かち合っている。
 
人生で本当の奇跡を経験し、愛と喜び、幸福が拡がり続ける生き方・あり方を 実践を通して伝えている。
 
詳しくはこちら

 

 

オラクルカード

オラクルカード

無料メールレッスン

わかち愛ミッション

わかち愛ミッション

無料メールレッスン

オラクルカードメール講座

オラクルカードメール講座

7日間で基礎を学べます

オラクルカード講座

オラクルカード講座

学んで終わりにならない講座

オラクルカード動画レッスン

オラクルカード動画レッスン

自宅でいつでも学べます♪

プレミアムエディション

プレミアムエディション

オラクルカードのテキスト

奇跡のコース・メルマガ

奇跡のコース・メルマガ

こころのエクササイズ

こころのエクササイズ

奇跡のコース365のレッスン

奇跡のコース動画

奇跡のコース動画

Zoomクラスの動画集

LINE/SNS

LINE/SNS

ルミエール facebookページ


Twitter 今日のメッセージ

PAGETOP
Copyright © ヒーリングサロン&スクールLumiere All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.