わかち愛ミッション

夢から目を覚ますために

 
スピリチュアルな真理というのは
ワンネスという一語に尽きるかと思いますが

それは「みなひとつ」ということであり
「それぞれ」などないということ、

みな愛そのものとしてひとつ、
分離はないということですよね^^

分離がないということは
この世界は、実は、存在していない
ということです。

これは頭で理解できることではないし、

自我(エゴ)にとって
これを受け入れることは非常に嫌なことなので
拒否感、抵抗感が出てくる…というのが
ごく自然な「反応」です^^

でも、
ワンネス(一体性)が真実で、
分離(この世界)も真実というふうには
言えないですよね。矛盾していますから(>_<)

わかち愛ミッションを思いだす鍵の1つは、
というより重要な鍵となっているのは

愛、ワンネス、平和、喜びを選ぶか
恐れ、分離、攻撃、苦しみを選ぶか

その選択において
前者を受け入れることです・.*

 

 

ワンネスを選ぶということは、
みな同じ、みなひとつであるという真実を
思い出すことを選ぶということ。

この世界は壮大な夢で、
そこから目を覚ますことが大切。

目を覚ますうえで
重要なのが「わかち愛」です^^

ほんとうの愛を分かち合うこと。

 

それをどのように、どこで、
どのような人たちと経験するかは
人によってもちろん異なります。

「夢」にも色々ありますから‥^ ^;

大事なことは、
ここ地球にいて人間として生きて
ひとつの人生を終えることになる‥という
シナリオのドラマを否定することではなく、

そのドラマを
愛のストーリーになるように
内なる教師に助けてもらうことです◎

 

ライフテーマは、
根本的には「夢から覚めること」と
言えるかもしれません。

そういう意味では、
わたしたち全員同じです^^

ただ、昭和生まれさんもいれば
平成生まれさんもいる、

男性としての人生を選択した人もいれば
女性の人生を選んだ人もいる。

親も、学校も、友人、仕事、
どんな恋愛をしてきたか、、、
全部違いますよね。

この点においては、
それぞれのライフテーマがあると
言えると思います。

 

 

 

人が期待する生き方・・?

 
今日はちょっと、深いお話もしましたが
「ライフテーマが見つからない理由」について
触れていきますね^^

7つあるうちの、今日は2つめについて。

自分にとって強く影響を与える人が
期待する生き方を選んでいるから

というのが2つめの理由です。

たいていは、親です。

親に、実際に口に出して言われたか
言われなかったとしても敏感に
感じ取って、

「○○ちゃんには、こんなふうに生きてほしい」
「あなたには、こういう幸せを経験してほしい」
「将来、あなたにこんなふうになってほしい」

そういう期待にそった生き方を
しようとしてきたとしたら、
(そのままの状態だと)

自分のライフテーマを見つけることは
難しくなってしまいます。

 

親がOKを出す学校に通って、
親がOKを出す職に就いて、
親がOKを出す人と結婚して、
親がOKを出す家に住んで・・・。

・・それで?それでわたしの人生って
いったい誰のものなの??

と、、辛くなることもあるかもしれません。

 

あるいは、上司や
自分が尊敬している人が喜ぶように
一生懸命努力する・・という人もいるようです。

でも、頑張っても、満たされない。
何のために生きているのか、わからない。

そんなふうに思えてくるかもしれません。

 

なぜこういうことが起こるかというと、
承認欲求」があるからです。

自分のことを認めてほしい
ほめてほしい
存在価値を認めてほしい、、、

そういう、切実な願いがあるから
影響力のある人が期待することを
一生懸命しようとしてしまう・・(>_<)

 

わたし、そういう感じだったなと
思われた方、
今が抜け出すチャンスです^^

人に認めてもらおうとすることで
自分の存在価値を感じることはできません。

それは不可能なんです。
一時的にできている気がするだけで
必ず失望を経験します。

なぜなら、
相手がたとえ自分に期待していたとしても
その人が「期待している」ということの責任は取れないし、
相手が何を期待するかは、ときによって変化するからです。

 

相手からすれば・・

あなたが成功することを期待はしたけど、
あなたが頑張っても成功できなかったことについては
わたしのせいではないわよ、

だし、

あなたにもっと優秀であってほしいと思ったけど
今は優秀なBさんが入社したから、べつにもう
あなたに期待なんてしていないし、今さらって感じなんですけど

なんて、そんな態度の人もいるかもしれません‥
(ノД`)・゜・。

 

あるいは、

え?? なんですか?
わたし、あなたにそうしてってお願いしたことは
一度もないわよ、
そんなこと望んでいないし、今は~~~~な気分だから。

なんてこともあるかも。。。

 

わたしを振り回さないでよ~~~!!!!
って怒りたくなるかもしれませんが、

相手は振り回している気はないんです、
自分が、相手の期待に応えたいと思ったのだから
そこは・・やっぱり自己責任なんです・・(>_<)

 

自分の存在価値は、
他者に認めてもらうことで
思いだせることではなく、

わかち愛」によって
思いだすことができるようになっています。

 

ですから、影響を与える人、
自分のことを見捨てないでほしいと
思っているその人が、

期待しているとおりに
生きようとするのではなく
(反抗する必要もないですよ、もちろん^^)

 

自分のことを誰がどう思っても
自分の存在価値は変わらないし
頑張らなくても価値があるということを
忘れずにいてくださいね。

そのうえで、
「わかち愛」へと進んでいきましょう・.*

 

愛を分かち合うことと
迎合することは異なります。

愛を分かち合うことは
自分を犠牲にすることでもありません。

またこのあたりは
別の機会に詳しく書きますね◎

 

次回は
ライフテーマが見つからない理由
3つめについてお伝えする予定です^^

また更新しますね

Blessings,