わかち愛ミッション

ほんとうの存在価値とは?

 
前回、エゴにとっての存在価値は
不足という考えに基づいているということを
お伝えしました。
(過去の記事はメルマガでご覧になれます)

今回は、ほんとうの存在価値について
書いてみますね^^

 

ほんとうの存在価値は、誰にでもあって
高くなったり低くなったり
変化することがありません。

わたしたちは永遠のスピリットで、
真の意味では死など存在しません。

ほんとうのわたしたちは愛そのもの。
完璧な存在、清らかさそのもの。
真に、そして永遠に、価値ある存在です。

これは、誰かニンゲンが決めたことではなく
真理です。

 

エゴは、足りないから埋めようとし、
それによって自分の存在価値を実感したがります。

勉強し、ダイエットし、お金を稼ぎ、
持っていないものを購入し、
情報を集め、健康に気を遣い、
人と繋がり、交流し、、、

安心を求め、特別な愛を求め、
損をしないように計算し、
得をするように計画し、

理想とする自分に近づけていくことが
幸せになることなのだと大きな勘違いをしたまま

もっとより良くしよう、
あそこを改善しよう、
ダメな部分を何とか克服しよう、
もっと頑張ろう、

そうやって・・一見「前向き」な、
けれども実は
かなり後ろ向きな人生を送ること。

それが人間の姿・・と言えます。

決して、心の底から
自己の存在価値を感じられない生き方です。

「まだまだ」なところを
いくらだって見つけることができますから。

 

 

ほんとうは、すでに完璧なんです。
でもエゴは、絶対にこれを認めません。

足りないところを見つけて、
否定するのが得意です。笑

 

そして、このエゴの策略通りに
人生を捧げる限り、

決してほんとうの完璧さに
触れることができません。

 

もっと正確に言うなら、

ほんとうの完璧さが
今、ここにあること、
すでに与えられていることに気づけません。

 

 

そうよね、住む場所があって
食事もできて、ふかふかの布団で眠れるなんて
確かに幸せよね、そう言われたらまあ完璧よね、

 

まさか、こんなふうに間違って
かろうじて恵まれていると思い込むことができるような、
そんな状態を完璧だと

宇宙に示されているわけではありません。

 

ほんとうの存在価値、ほんとうの完璧さは、

家があるかどうか
健康かどうか
お金がいくらあるかどうか
どんな仕事に就いているのか、
誰と暮らしているのか
どれだけ友人がたくさんいるか、

そんなこととは全く関係がありません。

 

ホームレスで、
病気で、
一銭も所持していなくて
無職で、
一人で、
誰も友人と呼べる人がいなくても

その人もまた、世界のすべての人と
まったく同じ存在価値で、
まったく同じ完璧さをもっています。

 

自分は、全員とまったく同じだと気づけるまで
ほんとうの存在価値を理解することはできません。

理解できないということは、
足りなさをいつまでも見続けるということです。

いつまでも誰かと比べ続けるということです。
人と比較しては、良かっただの、まだマシだっただの、
悪かった、ひどかった、悲しいだのと、意味のないことを
続けることを選ぶということです。

 

そんな人生に、幸せがあるでしょうか。

比較して喜ぶか落ち込むか、
そんなことばかりやっている心に平安があるでしょうか。

 

ありませんよね^^;

人間を選ぶ以上、
この無意味な生き方から免れることはありません。笑

 

ほんとうの存在価値を思いだすというのは、
つまり、「ニンゲン」という枠を超えるということです。

・・なんだか、とんでもない話だと
感じられたでしょうか^^

怖いと感じた人もいるかもしれません。

もしそうなら、それでもいいし、
無理に先に進もうとしなくていいんです^^

 

ただ、本当にスピリチュアルな生き方を望むなら
必ずこのことに出くわします。

真にスピリチュアルであるというのは、
オーラがどうの、チャクラがどうのと言うことではなく、
ニンゲンを超えることだからです。

 

このあたりのお話は
伝わる方にしか伝わらないとは思いますが、

わたしたちはスピリットであり、
みな、まったく同じ、対等、ひとつなので
臆さずに今日はここに書き記しています。

 

わたしたちの存在価値は決して変化しません。
永遠に同じです。

永遠に・・愛そのものです。
価値は確かなものです。

それを思いだすのがこの人生だと言えたなら、
素晴らしいことだと感じませんか^^?

世界の誰もがそうなのだと、
真に受け入れる人生なのですから。

そして、それを思いだす鍵は、
「わかち愛」なのです。

 

人生を、
足りないものを埋める作業にするのか

愛をわかち合うことで、
真にひとつだと思いだす機会にするのか

それをわたしたちは
毎日、毎瞬、選択しています。

 

ニンゲンとして死ぬのか、

永遠のスピリットの、いのちの輝きを放射するのか
つまりスピリチュアルな生き方を選ぶのか

正直に・・答えたいものですね^^

Blessings,

 

 


スピリチュアル分野でお仕事したい方専用
スピリチュアルビジネス♡プレミアムテキスト