その日は珍しく、寝ずに起きていました。

やることがあったので、東京行きの新幹線の中でそれを終えたあと、
なにげなく窓の外を見ました。

どこを走っているのかわかりませんでしたが、

「もしかしたら、今日は見られるんじゃないか」

そう思ったわたしは、しばらくの間、外の景色をぼんやり眺めながら
待ってみることにしました。

 

どのくらい経ったでしょうか、しばらくすると、
思ったとおり、やはりそれは現れました。

目にするのは随分久しぶりです。
毎月東京へは行っていますが、静岡のあたりを通る頃には
いつもぐっすり眠ってしまうので、見ることがかなわなかったのです。

 

富士――。

その存在感に見惚れながらも、「鈍角も鈍角、のろくさと拡がり」という、
太宰の『富嶽百景』での描写を思いだし、たしかに鈍角で、
「低い。裾のひろがつてゐる割に、低い」その富士を見、

せっかくこうして見ることができたのだからと、携帯電話をバッグから取りだして、
数枚写真を撮っていたら、

隣に座っていた中年の女性が、「これでも、撮ってもらえますか」と言って
デジタルカメラをわたしに差し出しました。

わたしは「ええ」と答えてカメラを受け取り、
どっしりとした富士にカメラを向け――実際に見ているそれより
存在感がなく感じられるのを少し残念に思い、
なるべく美しく映ってくれたらいいなと思いながら――数枚撮って、カメラを返すと、

「ありがとう、見る機会がほとんどないから」と、
柔らかく、小さめの声でそう言って、その女性はカメラの中の富士を見ていました。

 

この日のわたしのやるべきことというのは、祈りでした。
複数の人たちと同時刻から一斉に、同じ祈りをとなえるというワークをすることになっていたのです。
それで、起きていたのでした。

その祈りは、わたしたちがひとつであることを思いだすための祈りであり、
惜しみなく愛を与え受け取ることへのコミットとなる祈りでした。

それをゆっくり繰り返して祈った、そのあとの出来事だったのです。

 

むかしのわたしは、知らない人と話をすることを苦手に思っていたけれど、
こんなふうにつながる機会のあることを、とてもうれしいと感じられるようになりました。

偶然(!)隣に座ったその女性と言葉はほとんど交わしていなけれども、
心のつながりを感じることができ、
わたしの心は感謝とあたたかな喜びに満ちていました。

 

ふたりで見た富士は、どの富士よりも、それは美しい富士でした。

 

 

最後までお読みくださり
ありがとうございます

Blessings,

 

ゆるしのまなざし Blog記事については↓

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら