フェミニンスピリチュアルリーダーズ・プロジェクトは、
ほんとうのライトワーカーとして活動したい方を
支援するために立ち上げたプロジェクトです。

 

よく、これからは「女性性の時代」だと
言われていますね^^

パワーで強引に達成しようとしたり、
支配的であったり、
縦のつながりで構築していく…という
「男性性」のあり方が見直されています。

 

女性にも「男性性」と「女性性」があるし、
男性にも「女性性」と「男性性」があります。

肉体の性別に関係なく
「女性性」を重んじたあり方にシフトしてゆく、
ということなんですよね^^

それで、「フェミニン」という言葉を
使うことにしました。
(と言っても、インスピレーションだったのですが^^)

 

しなやかさ、受容性、
やさしさ、調和、慈しむ、育む、
対等、平等、協調性、穏やかさ。

ゆだねるあり方。
受け入れる姿勢。

わかち愛の精神。

そのようなイメージです^^♡

 

フェミニンスピリチュアルリーダーズ
という言葉を使っていますが、

この「リーダー」というのは、
男性的にパワーで人を導こうとするのではなく

対等、平等ということを大切にし
心のつながりを丁寧に育んでゆくことで
やさしく促す――

そのようなリーダーシップをとることができる
ティーチャーを表しています♡

スポ根みたいなのは・・・もう時代遅れです^ ^;

 

 

「フェミニンスピリチュアルリーダーズ」と、
「スピリチュアル」という言葉がついているのは

精神性、霊性において一歩先をゆく人たち、
ほんとうのライトワーカーさんのサポートをすることが
わたしのミッションだからです^^
(とんでもない!と何度も抵抗して数年…でしたが 笑)

 

わたしたちはみな平等であり「対等」です。
わたしたちは「ひとつ」です。

けれどもこの世界においては、
ワンネスに還ってゆくスピード、進み具合は
人それぞれなのですよね^^

これもまた「幻想」なのですが
それぞれのペース、プロセス、段階があるということを
無視することは…できないです^ ^;

 

 

「ほんとうの」と書いているのは、
「なんちゃってスピリチュアル」とは違うからです。

何か、不思議なことをする、
おまじないのようなことをして楽しむ、

特殊能力がある人だけが云々、
そういう特別性を見ることや

メルヘンな思考で
地に足がついていない生き方をする、

そういうことを「スピリチュアル」とは言わないので
(持論ですけれども)、

あえて「ほんとうの」と付け足しています。

 

ほんとうのライトワーカー、
エゴのゴールに向かって進むのではなく
ワンネスへと還ることに真摯であるリーダー、

そういうひとたちが
これからますます…必要とされますし
宇宙のバックアップは計り知れないとおもいます^^

何がわたしたちにとって急務であるかを
誤解している場合ではないのです。

 

このことに・・・ピンとくる方、
同じ志を持っておられる方、

もちろん未熟さを感じることがあったり
ミスをするようなことがあっても、
抵抗を感じるときがあったとしても

それでも何度でも
わたしたちの「ほんとうのゴール」を
けっして放棄せずに選び直す、

その姿勢を
一緒に示し続けていきたいと願う方と

ともに歩んでいきたいとおもっています^^

 

最後までお読みくださり
ありがとうございます

Blessings,

 

*関連記事*
フェミニンスピリチュアルリーダーズ・プロジェクトができるまで
「わかち愛」の生き方が事業になる理由①
「わかち愛」の生き方が事業になる理由②
「わかち愛」の生き方が事業になる理由③
「わかち愛」の生き方が事業になる理由④

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら