今日のオラクルカード

今日はユニコーンオラクルカードから
1枚引いてみましたよ^^

 

あなたの本当の気持ちに
正直になりましょう。

何かで迷ったり
わからなくなったりしたときは、

「本当のことを言うと?」と
自分に尋ねてみましょう。

本当のことを言うと、やりたくない。
本当のことを言うと、やりたい。

本当のことを言うと、休みたい。

「もっと本当のことを言うと?」と
さらに尋ねてみましょう。

本当のことを言うと、愛したい。
本当のことを言うと、わかり合いたい。

どうあるべきかを考えるよりも、
心のずっと奥深くに
どんな純粋な願いがあるのかを
感じてみようとしてみてください。

正しくあろうとしたり
望まれた存在になろうとしたり
違う誰かになろうとするのではなく、

ただあなたの
まっすぐな思いを見てください。
本当の声を聴いてください。

 

 

今日のメッセージはいかがでしょうか^^

オラクルカードの講座を、
もう何年になるでしょうか、ずっと続けてきて
気づいたことのひとつは、

本当の願いに対して、
大人は背中を向けてしまったり
隠したりしてしまう傾向がある

ということです。

 

オラクルカードリーディングをするとき、

カードを引く前に「質問」をしますが、
その「質問」について尋ねると

9割9分9厘、
大事な部分を隠した質問をされます。

 

そもそも、「質問」というのは、

本当の願いに
まっすぐ向き合っていないときに
わき起こるものなのだと

いま、これを書いていて
ふとそうおもいました^^

 

もし心の奥深くにある
純粋な願いに対して正直であれば、

実はそれがもう「答え」だから、

問うようなことは
何もなくなるのです^^

 

たとえば3歳の頃の自分と
現在の自分の頭の中を
モニタリングしてみる(思い返してみる)と、

今のほうが
どうでもいいようなこと(けれども何故か深刻に、本気で重要視していること)について
気にする時間が多いのではないでしょうか。

 

3歳の頃に、
自分の過去について思い煩ったり
未来のことを気にしたりしていたでしょうか。

3歳の頃に、もしオラクルカードが使えたとしたら、
「わたしはしょうらい、かんごしさんになれますか?」などと
尋ねたりはしないのではないでしょうか。

 

知能の差ではなくて、
ハートに対してまっすぐであるかどうか
違いなのではないかなとおもいます。

3歳なら何もわからないから、
そういうことが考えられないのよ、ではなくて^^

 

それを言うなら、
「何もわかっていない」という状態は、
少しも変ってなどいないのでは?と

自分自身に言ってみます^^笑

 

大人になった今のほうが
ものをわかっているなどと考えるのは
どうかしているのです( *´艸`)

 

どうかしているということを
素直に認めるという意味で、

「質問する」というのは
素晴らしいことなのだと感じます。

 

疑問を持ち、それが最初、
ほんとうの思いからかけ離れたものであっても

その疑問を掘り下げていくうちに

「わたしのほんとうの願い」と
「ほんとうに在るもの」を
思いだすことができるからです^^

 

どうかしているということは
恥ずかしいことではなくて、

むしろやさしく微笑んで見ていられる、
何のパワーもないことです。

 

「どうかしている」状態から
目を覚ますために、

だからどんなものだってよいから
「質問」してみること。

心のふちで留まるのではなくて、
ゆっくりゆっくり・・
本心に近づいてみること。

 

もし「完全に正直」になったなら、
疑問はひとつもなくなるのだろうとおもいます。

ほんとうの願いに、まっすぐでいたいです。

 

 

ユニコーンオラクルカード

今日使った
「ユニコーンガイダンスオラクルカード」はこちら♪

 

このカードデッキについては
こちらで紹介しています。

ほんとうの願いに向かうために、
たとえばここで紹介している「質問」で
リーディングしてみるか、

お祈りしてみると
いいかもしれません^^

Blessings,

 

無料で1カードリーディングが受けられる
ウィークリー企画はこちら・.*

オラクルカードについての無料学習ページ↓

 

 

♥7日間でオラクルカードの基礎が学べる♥

 

♥オラクルカードの秘密を公開♪好評発売中♥

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら