わかち愛ミッション

等身大とジャッジメント

 
自分に与えられた「わかち愛ミッション」を
思いだす上でとても大切なことは、
人と比べないということです。

人のことばかり気にして
あの人は〇〇をしている、〇〇ができる、
それに比べて自分は・・・

ということをいくら考えても
自分の「わかち愛ミッション」は
見つかりません(>_<)

では、どうすればいいのでしょうか。

 

 

今日のポイントは、「等身大を受け入れる」。

現時点での、自分自身を丸ごと
受け入れることがとても大事です◎

 

あの人より何ができるか、
あの人はこれをやっているからわたしはこれ、

そんなふうにして
誰かを意識して考えていくと

自分が今回の人生で取り組むこと、
与えられていること、ギフトに気づけません。

 

自分のことを客観的に見てみましょう。

これは難しいことかもしれませんが
自分自身を「観察対象」としてみてください◎
 

どういうことなら、何時間でもしていられて、
どういうことに興味を持っていて、
これまで何に一番時間とお金を使ってきて、

どんなことにワクワクして
どんなことならスイスイできて
どういうことは苦手に感じているのか。

あの人のほうがもっとできるとか、
そういうの、ナシですよ^^?笑

誰かのことを意識して考えても
意味がないです。

 

自分の感覚、でいいんです◎

なんとなく客観的に自分を見てみて、
こんな感じかな〜というくらい。

このとき気をつけたいのは、
それを「良い」「悪い」で判断しないこと

苦手なことがあっても、
別にそれは悪いことではありません。

こういうことには興味があるけど、
これには苦手意識があるなあって気づいても
いちいち自分をジャッジしないでくださいね^^

 

わかりやすく(?)言えば、
自分のトリセツを作るようなイメージでしょうか。

わたしってこんなんです、っていう。笑

でも、ここでも注意点があって、
あくまでもこれは「現時点での自分」であり、

あくまでもこれは
地球にやって来た今回の自分の人生という
仮の姿においての「等身大」です。

 

わたしたちの本性は、愛ですから^^

完璧で、清らかな、愛そのものの存在。
それが本当のわたしたちです。

でもこれを完全に思いだせていなくて、
(言わば、覚醒していなくて)

この世界に人間として生きているかのように
見てしまっているわけです。

 

・・ですから、まあ、
この仮の姿でいうところの自分が
どんなだって、別にいいんですよね。笑

どうだっていいからこそ、
それを投げやりに考えて、粗末に扱うのではなく

とらわれずに、客観的に見て
今回の映画の脚本では、わたしは何役なのかしら、
くらいの軽やかな気持ちで
等身大を受け入れたいものです^^

 

そして、その役柄、キャラクター、
これまでのストーリーを
裁かずに慈しみのまなざしで見たときに、

「ああ、わたしはこれなんだ」
というものが、自然と浮かびあがって
見えるようになります。

 

あっちの女優さんの役柄が良かった!
なんでわたしはこんな役なの!

そんなふうに文句を言ったり
落ち込んだりしているときは、
まったく見えてこないんです。

 

これまでの人生を、経験してきたことを、
自分の得意・不得意を、ぜんぶを、
やさしく抱きしめてあげられたとき、

ミッションが何か
わかるようになっています・.*

等身大を、喜んで受け入れましょう^^

どだい、わたしたちは
人間ではないのだから。

 

次回は、「憧れ」についてお伝えしますね◎
お楽しみに☆彡

Blessings,

 

 


スピリチュアル分野でお仕事したい方専用
スピリチュアルビジネス♡プレミアムテキスト