わかち愛ミッション

つい他者と比べてしまうときは

 
自分らしく生きていこう、
好きなことをして生きていこうと思っても
つい人と比べて落ち込んだり、焦ったり・・
そんなことがあるかもしれません。

そんなときに思いだしたい
大切なことについて数回に分けて
お届けしていきますね^^

今日はまず、
なぜ人と比較してしまうのかについて
書いてみます。

 

わたしたちの心は
エゴ(自我、分離の思い)か
清らかなスピリット(完璧さ、愛)を
いつも選択しています。

もしエゴを(ちなみに、エゴイズムのエゴではありません)
選んだとしたら、

というより、実は基本的に
人間はエゴ(自我)を教師としてしまっているのですが

エゴを選ぶと必然的に
比較をすることになります。

というのは、自我(エゴ)は
比較によって生きているからです。

 

 

比較をすれば、いつまででも、
「わたしたちは真にひとつ」という
真実に背を向けて分離していられるわけです。

つまり、攻撃の世界を選ぶということ。

 

そんなことを、選んだつもりはないと
多くの人は思うけれども、
選んでいないことを経験するはずがないのです。

よく自分の心を見ればわかります。

誰のことであれ、自分のことであれ
一切、否定的な思いを持っていないと
堂々と胸を張って言えるかどうか考えてみればわかります。

一切、ジャッジしていないと言えないなら、
攻撃の世界を、分離の世界を、比較することを
自分で選択しているということです。

これは・・否めませんよね^^

 

つい他者と比べてしまう。
「つい」のつもりなのですが、実は「故意」なのです。

好きで、比べているし
好きで、比較して
落ち込んだり焦ったりしているのです。

比較という罠から解放されるための第一歩は、
自分で比較することを選んでいるのだと
認めることです。

比較させられている、などということは
けっしてありませんよね^^?

自分で選択したのだと認めることで
解放は自然と起こります◎

 

このやっかいな比較の
2つの側面については次回お伝えしますね。

お楽しみに☆彡

Blessings,

 

 


スピリチュアル分野でお仕事したい方専用
スピリチュアルビジネス♡プレミアムテキスト