あなた本来の輝きを呼び覚ますお手伝いをする,
わかち愛カウンセラー

末吉 愛です。

今日は、
カウンセリングの4つの「きく」力について
お伝えしますね^^

 

癒しやスピリチュアル分野でプロとして
お仕事をしていくなら、

カウンセリング力を養っておくことを
お勧めします^^

最近は、
カウンセリングのことについても
ここ数回、お伝えしてきました◎

 

カウンセリングが専門でなければ
高いスキルを持たなくてもよいとおもいますが、

わかち愛ビジネス」をするうえでは
欠かせないチカラだと言えます。

 

わたしの言っているカウンセリング力というのは
主に「きく」チカラのことですが、
この「きく」には以下の4つの段階があります。

♥1♥ 主訴を訊く
♥2♥ 状況を訊く
♥3♥ 価値観に関して聴く
♥4♥ 問題の本質について聴く

 

前回は1つめ「主訴を訊く」ということと、
2つめの「状況を訊く」ということについて
述べましたので(こちら)、

今日はこの続きについて書いてみますね^^

 

3つめのステップは
価値観に関して聴く」です。

セッションにおいて最も重要なことは、
ものの見方を変えるための
サポートをすることです。

ものの見方を変えるためには、
どんな見方をしているのかを知る必要があります。

どんな誤った考え、捉え方をしているかを知らずに
それを「変える」ことはできません。

誤った考えというのは、
道徳的ではない考えのことではないし、
ネガティブな考えだけを指すのではありません。
価値観という価値観すべてのことです。

「正しい価値観」というものはありません
「正しいと勝手に決めつけたものの見方」があるだけです。

 

 

セッションをおこなうときは、
この価値観を
しっかりと見なければなりません。

どんな価値観があるかを
自分ひとりで見ていくことは難しいかもしれませんが、
カウンセラーが質問をしていくことで

クライアントは自分がどんな価値観を
持っているのかに気づくことができます。

客観的に見ることができますね^^

 

クライアントさんが持っている価値観、
制限のある思考、囚われを明確にしていくためには
「質問」がとても重要で、

クライアントさんは、質問に対して考えることによって
自分のなかのさまざまな思いに気づくことができます。

 

カウンセリング力=質問力
と言うことができますね^^

え・・・じゃあ、どんな質問をすれば
相手の価値観を聞き出せるのだろう

そんなふうに思われるでしょうか。

 

確かにコツはありますし、
プロコースでは質問の練習をおこないますが

最初に気にするところは、
そこではないんです^^

 

使える質問をたくさん憶えよう!
というふうに考えるのではなくて・・・

自分自身の価値観という価値観
考えという考えに疑問を持つことが

何よりこの「質問力」を
高めることになります。

 

自分自身が
ものの見方を変えてゆくことを
怠っておきながら、
他者のサポートをすることはできません。

相手の価値観に
自分の価値観で答えるだけ、
自分の価値観からしゃべるだけ、

などというのは
カウンセリングでもなんでも
ありませんよね^ ^;

 

今日は、
「価値観について聴く」うえで
前提となることをお話しました◎

カウンセラー・ヒーラー・セラピスト自身が
自分のものの見方を変えることを日々続ける

 

これですね^^!

今日はこれだけをまず
インプットしてみてください◎

続きはまた次回
丁寧に書いてみたいとおもいます♡

Blessings,

 

*関連記事*
わかち愛ビジネス:マインド編
わかち愛ビジネス:オラクルカード編