オラクルカードリーディングをお仕事として
やっていくうえでの大事なポイントを
これまで書いてきました^^

 

今日は・・・

お仕事としてやっていくためには
カードリーディングの応用力が要る、ということで

応用力の2つのうち

♥1♥
適切な質問設定ができる

♥2♥
ぶれずにメッセージを受け取れる

 

この「ぶれずにメッセージを受け取る」という
ことについて書いてみたいとおもいます^^!

 

お仕事として
オラクルカーリーディングをするのですから、

もちろん「リーディング」ができないと
いけないですよね◎

クライアントさんから「質問」をもらい、
オラクルカードをシャッフルして
カードを引き、

そのあと・・・

う~~ん、、、
え~~とですね、、、
たぶん…これはですね、、、

って
言葉に詰まったり迷ったりしながら
メッセージをお伝えする…というのでは
アウトなわけです(>_<)
(最初メッセージを受け取るまでは多少時間がいることもありますが)

 

たまにイベントなどで
オラクルカードの解説書の該当ページを開いて

お客様に見せる(本人に確認してもらう)という
やり方をしている人もいる…と
聞いたことがありますが、

お代金をいただくのですから
やっぱり誠意と敬意をもって
スムーズなリーディングをおこないたいですよね^^

 


(オラクルカード講座の様子)

 

 

では・・・気になるところ、、

「ぶれずに」受け取るには
どうしたらいいのでしょうか^^?

 

まず、「ぶれない」というのが
どういうことなのか
一緒に考えてみましょう^^

 

たとえば
リーディングに安定感がある
落ち着いてメッセージを受け取れる
スピリットへの信頼がある
スピリットからのメッセージだと確信している

こういった状態のことだと
言えますね^^

このような状態でリーディングが
できているかを確認してみましょう◎

 

 

いちばん重要なことは
信頼している」ということ。

エンジェルカードでも
フェアリーのオラクルカードでも、
どれを使うにしても

同じ清らかなスピリット、
自己の神聖性をとおして

メッセージを受け取ることになります。

 

「わたしが」リーディングする
というよりも、

「わたしをとおして」
リーディングがなされるのです。

自分の力を使おうとするから
自信がないだの、能力がないだのって、
結びつける必要のないことと関連づけて
落ち込んでしまうのですよネ^ ^;

 

できない理由
落ち込む理由

これは探したかったら、
いくらでも見つけ出す(というより作り出す、ひねり出す)ことが
できてしまいます。

そうやって自己否定に走ったり
落ち込むことは、

誰が

好んでいることでしょうか^^

 

そして、
その落ち込む決断を
取り下げることができるのは
なんでしょうか^^

答えは・・・明らかですね◎

 

ぶれずにメッセージを
受け取れるようになるために
非常に大切なことを
今日はお伝えいたしました♡

 

他にも大切なことがあるので
続きをまた書きますね^^!

リーディングができているかどうかの
チェックポイントについては
こちらで詳しく書いているので
よろしければ参考にしてみてください♡

 

ではでは、また更新します^^!
お楽しみに☆彡

Blessings,

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 おススメ♥無料メール&動画レッスン
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

♥オラクルカードの基本を学べます♥

♥あなたの本当のミッションを見つけます♥

♥動画でオラクルカードちょこっとレッスン♥

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 今スグ受講できる♥メールレッスン
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

♥大人気質問設定のポイントも学べます♥

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 自分のペースで深く学べます♪
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

♥カードリーディングがもっと好きになる♥

♥動画でオラクルカードのコツを学べる♥

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら