手放しておきたいこと

 

ガツガツせず、ギラギラせず(笑)
わかち愛ビジネスをしていけるかどうか、

「わかち愛」の生き方が事業になるかどうか
その分かれ目、ポイントは何でしょうか^^

 

 

ご覧くださり、ありがとうございます。

カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための
フェミニンリーダーズ起業を支援している

わかち愛ビジネスプロデューサー
末吉 愛です^^

 

 

事業になっていくかどうかについて
はっきり書いてしまうと・・・

クライアントさんから感謝されたい、
憧れられるセラピストになりたい

という思いを持っているとしたら
(持ってしまったことは仕方のないことですが)

それをあっさり捨て去ることが
できるかどうか、そこにかかっています。

 

想像してみてください、

クライアントさんに感謝されたいから
カウンセリングやヒーリングを行うのだとしたら

そのセッションの場って
カウンセラーやヒーラーが賞賛されるための場
ということになりますよね。

自己否定感の強いセラピストが
自分の存在価値を確認したいがために
人を巻き込んで
その人になんちゃらセラピーを提供する。
「ありがとう」と言われるように努力する。

・・・^ ^;

 

 

自分の存在価値を
そんなふうにして確かめようとするのは
ナンセンスです。

ほんとうに
カウンセラー、ヒーラー、セラピストとして
活動していくのだったら

自分の存在価値を
人に感謝されることで確認しようだなんて、

そんなことをしなければ
自分を承認できないだなんて

そのようなおかしな考えは
手放さなければなりません。

 

ほんとうの存在価値は
何もしなくてもあるのですから。

何をしてきたか、何ができるか、
他者にどう思われ、どのように扱われているかで
決まるものではないのですから。

 

自分がいい気になるために利用しないことです。

感謝されたくて、認められたくてやるだなんて、
そんな自己中心的な考えは

もし持っているのであれば
いますぐ、ここで、捨てることです^^

それは、自我の考えであって
ほんとうの自分の思いではないから。

それはできない!と感じるとしたら……
自分がまだすこしも癒されていないということを
認めることが大事かとおもいます。
(自分のことを否定したり責めたりせずに)

 

感謝されるように努力することによって、
良い行いをすることによって、
自分の存在価値を受け入れてもらえる
という考えを持っていると

努力しなかったり
好ましくないことをする人の
存在価値を認められないはずです。

それって
ほんとうのカウンセラー、ヒーラー、
セラピストのあり方でしょうか。

 

頑張って宿題をした子にはおやつをあげるけど、
宿題をせずにゲームをしている子にはやらない。

そんな考え方と同じでは?

自分の思い通りになれば「良し」、
ならなければ「悪し」。

そのように人を裁くことは
心を扱う専門家のすることでしょうか。

これではちっとも
「わかち愛」の生き方にはなりません。

 

「わかち愛」というのは
良い人になることではありません。

感謝されるために、
すごい人だと思われるために、
あなたのようになりたいですって言われるために

相手が喜ぶであろうことを
やることではありません。

そんな、「取り引き」のコミュニケーションの
どこを「わかち愛」と呼べるでしょうか。

 

何もしなくても、何もできなかったとしても、
あなたの(わたしたちの)存在価値は確かにあります。

無条件に、素晴らしい価値が。
誰もがみな、本当は愛そのものなのだから。

それをクライアントさんと一緒に感じてゆくこと、
その確かさをふたりで経験してゆくこと、

それが「わかち愛」です。

条件付きのものは、
愛ではなくて執着です。
ただの「取り引き」です。

 

「取り引き」をいっさいやめたなら
自然と人生は拡大していきます^^

愛はひろがる性質を持つからです。

「わかち愛」を阻むものなど
どこにもないからです。

 

感謝のおもいでいっぱいになる、
そのような毎日を
過ごしていきたいですね^^

すでに与えられている愛を
しっかりと受け取りながら。

 

ありがとうございます

Blessings,

*関連記事*
「わかち愛ビジネス」:自信がなくても事業はできる

「わかち愛ビジネス」:本当の自信があれば怖れず進める

「わかち愛」の生き方が事業になる理由

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら