「わかち愛ビジネス」

「わかち愛」とは?

 

「わかち愛」の生き方が自然と
「事業(ビジネス)」という形になっていくことは
あり得るというお話をこれまでしてきました。

「わかち愛」というのは
本当のコミュニケーションのことで、

与えることと受け取ることは
同じであるという真実を
相手とともに経験することを指します。

 

いつでも・どこでも・誰とでも
「わかち愛」をすることができるので、

必ず個人事業として
たとえば癒しやスピリチュアル分野で
活動していかなければならないということは
もちろんありません^^

ただ、自然とそういった形になることがある、
ということです。

 

 

なぜ自然とそうなることが可能なのか、
これについてはお伝えしてきましたが

大事なことは「あり方」です。

お金儲けをすることは
「わかち愛」の目的ではないので、

ビジネスに関するノウハウを
たくさんゲットしようだなんていう
そういう姿勢を必要としません。

そもそもそれは少しも「自然」ではなく、
意図的ですよね^ ^;

 

 

偽物の自信、本当の自信

 

「わかち愛ビジネス」
(「わかち愛」の生き方が自然と事業になっていくスタイル)
においては、

ビジネスに関して、あるいは何か力量において
自信を持っていなければならないということはありません

わたしの場合はどちらの点においても
まったく自信がありませんでした。
それでよいとおもっていました^^

自信などなくても、「ガイダンス」さえあれば
どんなことも通り抜けて前進していけるからです。

 

ところで「自信」というものには
2種類あるとおもいます。

ひとつは、
何かと比較して「優れている」と
感じられることから湧き起こる感覚
のことで

「あの人よりはできる」、
「去年よりはうまくなった」などといった思いと
セットになっています。

比較を通して得た、
「自分はできている」、「自分はやれている」という自信は
残念ながら必ず砕けます。

自分よりできる人は必ずいるし、
誰にだってスランプはあるからです。

だからこのような偽物の自信を持っても
意味がありません。

 

では、2つめの「自信」は
どのようなものでしょうか。

これについては次回
丁寧にお伝えしたいとおもいます^^

 

Blessings,

 

*関連記事*
「わかち愛」の生き方が事業になる理由①~DoingよりもBeing~

「わかち愛」の生き方が事業になる理由②~意志と目的~

「わかち愛」の生き方が事業になる理由③~求めるより与える~

「わかち愛」の生き方が事業になる理由④~ガイダンスに忠実に~