「ビジネス」は「取り引き」

 

「わかち愛」の生き方が
なぜ事業になっていくのか、

その4つの理由のうち
2つについて
これまで述べてきました^^

 

理由1
DoingよりもBeingを大切している

理由2
意志や目的が明確である

 

今日は3つめの
求めるより与えることを重んじている
について書いてみますね^^

 

 

ほとんど学んでいないので
ビジネスのことは詳しくありませんが、

基本
ビジネスって「取り引き」です。

言い換えるなら・・・
得るために与える、ということ。

 

何を得るためかと言えば、
もちろんお金ですね。

「お金をつくるために何をするか」
という発想があって、

まあ、そこからスタートするわけです。

(もうちょっと突っ込めば、お金を得てどうしたいのか、という目的が出てくると思いますが)

 

ということは・・・

・人はどういう状況にいればお金を出すか

・どんな心理状態になると財布のヒモが緩くなるか

そういうことを考えます。

 

なるべく出したくないのが
消費者の心理ですから、

「どうしてもお金を出さざるを得ない状態」を
作り上げてしまえばいいわけです。

「お金を出す必要」を生み出す。

 

そのために、

あの手この手があって

そのノウハウを
商品化して売る仕組みだって
世の中には非常にたくさんあるわけです。

 

 

 

「与える」ことを「手段」にしない

 

もちろんそのやり方は
自我(エゴ)の思いがベースとなっています。

足りない

手に入れるべき

どうやってゲットするか戦略を立てる

手に入れるために与える

目的のものをゲットできる

 

これは「怖れ」がベースとなっています。

これでは
「わかち愛」事業にはなりません。

外から見ただけでは
どうでしょうか、
さして変わりなく見えるかもしれません^ ^;

でも・・・
経験できるものは全く異なっていると
言えるとおもいます。

目的が異なっているのですから。

 

「手に入れるために与える」
この考えをリリースします

ありあまるほどの豊かさを
わかち合う生き方にシフトしましょう^^

 

満ちている

わかち合いたい

そのためのガイダンスを受け取る

導きの通りに与える(わかち愛)

さらに満ちてゆく

 

これを続けているうちに
自然と「事業」となります。

「わかち愛」のためにわかち合うのです。

満ちているから、
枯渇することはけっしてないから
怖れる必要はないし、

不思議なことに――
「どうぞわかち合わせて」と、

扉をノックしてくださる方が
次々とお越しになるのです。

 

前提を、見直しましょう。

わたしたちは
もうすでに「満ちている」のです^^

これを――信じられますか?

 

信じられるかどうかによらず、

あなたは
信じられないほど愛されていて
信じられないほど満ちています。

これは事実です。

真実です。

 

 

次回は4つめの理由、
「ガイダンスに忠実に従って行動している」
についてお伝えしますね◎

今日の内容はいかがでしたでしょうか。
少しでもお役立ていただけるものであれば
うれしくおもいます^^

 

最後までお読みくださり
ありがとうございます

Blessings,

 

天職、「わかち愛」マインド、
事業についてはこちらでお届けしています。