『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson361:ホーリースピリット、この聖なる一瞬をあなたに捧げます。あなたに、お任せします。わたしは、あなたの指示がわたしに平和をもたらすと確信して、あなたについていきます。
  
今日から5日間は同じ内容です。
1巡目のとき、なんとこの361番に9日間も使っていたようです。
 
ホーリースピリットにまるごと捧げること、朝と晩に長い時間をもつことが難しかったのだろうと思います。
 
4巡目——。
ホーリースピリットに捧げないこと、委ねずにコントロールしようとする(自分でやろうとする)ことがどんなに大変で、キツイか、ここまで学習を続けてきた今では、あまりにも明らかなことです。
 
自分の計画、自分の人生、自分の幸せ。
そういったものは、手枷足枷にしかなりません。
 
自分の、自分の。
わたしの、わたしのと言う心は、恐怖に満ちているのだと気づけたら、ホーリースピリットに委ねることがどんなに幸せなことか、感じられるようになります。
 
テキスト第7章に、
 
聖霊に従うことは、世界で最も容易なことであり、唯一の容易なことである。

(『奇跡講座 テキスト編』/中央アート出版社)
 
とあるのを初めて見たとき(もう何年前のことか忘れました)、完全に深く受け入れられなかっただろうけれども、今では、そうだった、そうなのに、逆を選んでしまっているときがあるなと思います。
 
24時間365日、ずっと。
寝ているときも、ホーリースピリットに従いたい。
 
 
 
ここまで来てみて——。
あらゆることがポロポロとはがれ落ちてゆくのを感じます。
 
明らかに、見え方が変わっているのを実感しています。

これを言葉で説明するのはちょっと難しいのですが、世界は実在していないということが今まででいちばん、濃くはっきりと感じられますし、心にしか力がないということについても、確かさが強固なものになっています。

 
 
 
今日は、亡くなった祖母の家の片付けをしていました。
ある写真を探す目的もあったのですが、色々と見ていると、祖父が祖母に宛てて書いた手紙が出てきました。
 
そこには、「私が好きで一緒になった人」という言葉があり、どれほど祖父が祖母を深く愛していたかが伝わってきて、胸がいっぱいになり、涙が止まりませんでした。
 
祖母はいつも、祖父の悪口を言っていたのだけれど、それでも祖父は愛していた。
祖母も、とても、とても愛していた。
 
二人の遺影。
天国で、二人は、素直に愛を表現しているかしら。
 
 
祖父の、お詫びの気持ちと、愛の思いの詰まったその手紙を、祖母の遺影の前に置いてきました。
 
それは7年ほど前に書かれた手紙のようでしたが、きっと再び・・祖母のもとに届いただろうと思います。
 
 
ホーリースピリットに委ねるなかで、わたしは今日、祖父の愛、祖母の愛、母と、先に旅立った叔母が、どんなに愛されていたか、夫婦間や親子間に色々あったにしても、4人家族に、どんなに愛があふれていたか、それを見せてもらったように感じます。
 
10代の頃、「家族なんて、クソくらえ」と思っていたわたしに。
 
 
人の思い、わたしたちが本当に抱いている思いは、愛だけなんだと感じます。
特別性の関係でも、深いところでは、純粋な、まっすぐな、神の愛がある。
 
誰とのあいだにも、神の愛がある。
祝福があり、優しさがあり、信頼がある。
 
それを、いつも感じていたいです。
誰とのあいだでも。いつも。ずっと。
 
Blessings,
 
2019.4.26
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック13 サンシップ/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 
 

 


ルミエールのYouTube

無料動画レッスンなど

ヴェリテのYouTube

無料Zoomクラスなど

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら