『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson308:この瞬間が、存在する唯一の時間です。
  
エゴの思いというのは、いつも過去をリピート再生して(しかも捻じ曲げて!)いるか、未来を案じているか、あるいは勝手に理想を掲げてコントロールすることで達成しようとするか、その程度のことにしか使われていません。
 
救いは、過去のなかにも、未来にもありません。
いつか、救われるのではなく、いつか、幸せになれるのでもありません。
 
今、現在、この瞬間だけが、「出口」であり「入口」であると感じます。
この世界からの「出口」であり、永遠への、神への「入口」——。
 
 
 
時間について、復習してみます。
 
時間は、それについての誰の解釈を採用するかによって、解放するものにも、幽閉するものにもなる。過去、現在、未来は、あなたがそれらに連続性を押しつけない限り連続的なものではない。あなたがそれらを連続的なものとして知覚し、自分にとって連続的なものとすることはできる。だが、騙されてはならない。それにより、時間がそのようなものだと信じてはならない。というのも、実相は自分が与える用途によって自分の望む通りのものになると信じることは、妄想的なことだからである。
 
あなた自身の目的のために時間を過去、現在、未来へと分割することによって、あなたは時間の連続性を破壊しようとする。あなたは過去の経験をもとにして未来を予測し、それに応じて未来のための計画を立てようとする。だが、そうすることによって、あなたは過去と未来を一直線につなげているのであり、あなたを自由にして再生できるように、過去と未来の間に介入できたはずの奇跡が起こらないようにしている。
 
(『奇跡講座 テキスト編』T-13.Ⅵ.4/中央アート出版社)
(長いので、改行を加えました)
 
 
 
現在を、愛をもって眺めなさい。なぜなら、現在は、永久に真実なるものだけを保持しているからである。現在の連続性は実在するので、すべての癒しは現在の中にある。それは一なる子のすべての側面へと同時に延長するので、それらの側面が互いにつながり合うことを可能にする。現在は、時間が存在する前から存在し、時間がもはや存在しなくなっても、あり続ける。その中に永遠なるもののすべてがあり、それらはひとつのものである。それらの連続性は時間を超えており、それらの間の親交(コミュニケーション)は途切れない。それらは過去によって切り離されていないからである。過去のみが分離させる。そして、過去はどこにも存在しない。

(『奇跡講座 テキスト編』T-13.Ⅵ.6/中央アート出版社)
 
 
 
未来にあるかのごとく見えるあなたの救いの最後の一歩は、あなたを創造したときに神によってすでに達成されている

(『奇跡講座 テキスト編』T-13.Ⅶ.3:2/中央アート出版社)
 
 
 
ほんとうにできることは、「今、この瞬間」を受け入れるだけだと言えます。
すべてを受け入れる、とも。
神だけを、ほんとうの愛だけを受け入れる、とも。
 
 
Blessings,
 
2019.3.4
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック11 蘇生する自己/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら