『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson246:わたしの父を愛することは、父の子を愛することです。
 
祈りの前に書かれている文章を含め、ほんとうに忘れずにいたいと感じました。
 
心に憎しみがあっても神への道を見いだすことができる、などと考えることがにようにしてください。神の子を傷つけようとし、それでもその神の子の父や自分の真の自己を知ることができるなどと考えることがないようにしてください。

と、続きます。
 
憎しみというほどの感情は持っていないと思って、さらっと読んで通り過ぎないようにしたいものです。
ちょっと苛立ちを覚えることがあるとしたら、それが憎しみの片鱗でなくて何だと言うのでしょうか。
 
誰かをジャッジすること、相手を肉体だと見ること(制限のある存在、脆い存在だと見なすこと)が、神の子を傷つけようとしていることでなくて、いったい何だと言うのでしょうか。
 
愛そのもの、清らかさそのものだと見えていないなら、神の子を否定しているのだし、つまりは神を否定しているのです。
 
そのような狂ったことをするのではなく、ほんとうに深く‥愛することを選びたいものです。
 
 
 
もし兄弟の誰かを見捨てるなら、あなた自身と神を見捨てることになる。あなたは彼らをありのままに見ることを学び、彼らもあなたと同じように神に属していることを理解しなければならない。

(『奇跡講座 テキスト編』第5章/中央アート出版社)
 
 
あなたと同じように創造された者たち全員を尊ぶまでは、あなたは自分自身の完全無欠性を知ることができない。

(『奇跡講座 テキスト編』第7章/中央アート出版社)
 
 
 
今日の祈りの前半。
 
父よ、わたしは、わたしがあなたのもとへ行くために、あなたが選んでくださる道を受け入れます。
その意志において、わたしは成功するからです。なぜなら、それがあなたの意志だからです。

父の意志、神の意志とは――?
 
 
父の意志を聞くことはあなたの意志を知ることだと学ぶあなたは、幸いである。神と同質のものであることがあなたの意志であり、そのようであることが、神の意志だからである。神の意志は、神の子が一なるものであること、そして神の一体性の中で神とひとつに結びついていることである。だからこそ、癒しとは、あなたの意志は神の意志だという認識のはじまりなのである。

(『奇跡講座 テキスト編』第11章/中央アート出版社)
 
 
究極的には、誰もが神の意志を必ず思い出す。なぜなら、究極的には誰もが必ず自分自身を認識するからである。この認識は、自分の意志と神の意志がひとつであることの認識である。

(『奇跡講座 テキスト編』第9章/中央アート出版社)
 
 
 
わたしの父を愛することは、父の子を愛することです。
 
心から・・・
 
Blessings,
 
2019.1.1
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック10 特別性の終焉/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら