『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson239:わたしの父の栄光は、わたし自身の栄光です。
栄光と言われると、とても大きすぎることのように感じますが、虚無感のようなものを感じそうになったときは、このレッスンを思いだすことで、正気に戻れるよう、ホーリースピリットにゆだねる、ということをおこなってみました。
 
栄光については、テキストでこのように記載されているところがあります。
 
私が、「あらゆる力と栄光があなたのものであるのは、神の国が神のものだからである」と述べたときに意味していたことは、「神の意志には限りがなく、あらゆる力と栄光がその中に宿る」という意味である。それは果てしない強さと愛と平安を宿している。その延長に限りがないゆえにそれには境界がなく、それがあらゆるものを創造したがゆえにそれはあらゆるものを包み込んでいる。すべてのものを創造することによって、それはすべてのものをそれ自体の一部とした。そのようにしてあなたが創造されたので、あなたがすなわち神の意志なのである。

(『奇跡講座 テキスト編』第8章/中央アート出版社)
 
 
こうして、テキストも読んでみると、今日のレッスンの第一段落目に
 
父がご自身の栄光を分かち合っている人たちの中に、ほんの少しでも罪や罪悪感を見ることなどできません。

と述べられていることが、より深く入ってくるのを感じます。
 
すべてをすべてに与えてくださっている、わかち合ってくださっているという真実を受け入れるなら、ほんの少しの嘆きでさえも、神の子にはあり得ないことだと気づけます。
 
気づけるということと、事実そうだと真に受け入れるということは完全に同じというわけではないということを、感じざるを得ませんが、それでも、この気づきに、より確かさが増してゆくことは確実なのだと信頼すること、日々心の取り組みを続けてゆくことが大事なのだとおもいます。
 
今日、あることについて、「イエスだったらこの状況で、これをどう見るのだろう」と思ってみました。
すると、ただ、神を信頼するという感覚がやって来て、そのしずけさに胸を打たれました。
 
ただ、信頼しているのです。ただ、神のなかに在ること、神の愛があまねくゆきわたっていることを受け取っている感覚が、ほんの少しの間でしたが、わたしの中にあったのです。
 
イエスは、神を疑わなかった。神の臨在を思い、信頼し、そのしずけさと、永遠にひろがる愛のなかにいるだけだったのだろうと感じられました。
 
 
追記:
その翌朝、ある奇跡が起きました。
わたしは何もしていないのに、ちゃんとギフトが届けられたのです。

そのことをとおして、わたしがほんの少しでも、後ろめたさを抱く必要はないということ、愛は無条件に与えられるということをよりいっそう学ぶことになりました。
 
わたしの父の栄光は、わたし自身の、兄弟姉妹とひとつであるわたし自身の、栄光です。
 
これからも、ひとつであることの喜びを経験し続けたいです。
 
 
Blessings,
 
2018.12.25
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック9 祈りのある生き方/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら