奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson199:わたしは身体ではありません。わたしは自由です。

 
最初の一文を、さらっと読まずに、よくかみしめておきたいと思いました。

身体を自分自身だと知覚しているかぎり、自由になれるはずがありません。身体とは制限です。身体の中で自由を求める人は、見つけられるはずのないところで自由を探しています。心が自由になるのは、自分が身体の中にあり、身体を分かちがたい存在で、また身体があることで守られているのだとみなさなくなるときです。心が身体の中にあるとしたら、心はたしかに傷つきやすいものでしょう。

 

よく、「自由になりたい」などと言うとき、イメージしていることは、「自由に」好きなときに好きな所へ出かけ、「自由に」好きなものを買いたいときに買い、「自由に」時間を使えることだろうと思いますが、むろんこのとき、自分を身体だと見なしていて、自分の好きにできるということを「自由」だと言っているわけですが、これはちっとも「自由」などではないのです。

 

いま、ぱっとテキストを開いたら、このように書かれているところが目に入ってきました。

神があなたなしに存在することを意志できないのと同じように、あなたも神なしに存在しようと意志することはできなくなる。これが自由であり、これが喜びである。

(『奇跡講座 テキスト編』第8章/中央アート出版社)

 

ほかにも、

神についての私たちの記憶がある。そして、この記憶の中にあなたの自由がある。なぜなら、あなたの自由は神の中にあるからである。

自由とは、神の子の本性と神の本性を認めることであり、神の子らにあなたが差し出せる唯一の贈り物である。自由は愛であるから、それはすなわち創造である。

と書かれているところがあります。

 

身体の自由ではなくて(そもそも身体とは制限のこと)、心の自由。
わたしは、身体などではなく、永遠のスピリット。

ほんとうに、ほんとうに、、、それを受け入れているだろうかと考えさせられ、また、抵抗していることをはっきりと気づかされた1日でした。

最近太ってしまって、今朝、「この贅肉なんとかならないのかな」と、真剣にではなく、なんとなくふと思ったあと、今日のレッスンは何だろうと思ってワークブックを開くと、「わたしは身体ではありません。わたしは自由です」。

ああ、ほんとうに、学ばなければ、と思いました。

 

自我にとってはこのアイデアがまったく狂気であるということを気にすることはありません。自我は身体を大事だと考えていますが、それは、自我が身体の中に住み、自らがつくった住み処と一体となって生きているからです。身体は、自我が幻想であることを発見されないようにと、自我が自らをかくまう場所としてつくり上げた幻想の一部です。

と第3段落で述べられています。

この身体は、ホーリースピリットに託して、学びのために使ってもらい、これを自分だと思わず、これにしがみつかず、真実に心を開きたい、全開でいたいです。

贅肉がどうのこうのと、言っている場合ではありません。笑

Blessings,
 
2018.11.15
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック8 豊かさの力学/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら