奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson198:わたしの非難だけがわたしを傷つけます。

 
冒頭から、非常に重要なことが書かれています。

傷つくことは不可能です。それでも幻想は幻想をつくり出すので、あなたに避難することができるなら、あなたは傷つけられることもあり得ます。あなたが、傷つくことができると信じているからです。

 

わたしは、何があっても被害者ではない(それを投影して見ることを選んだのはわたしだから)し、わたしは身体ではありません。

非難すれば、あなたは捕らわれの身となります。ゆるすなら、あなたは解放されます。これが知覚を支配する法則です。

非難することは、真実においては不可能です。非難することの影響や結果のように思えることはまったく起こっていません。とはいえ、しばらくの間はそれらが起こったかのように対処しなければなりません。幻想は幻想をつくり出すからです。ただし、例外がひとつだけあります。ゆるしは、残りの幻想すべてに対する答えです。

 

何が起きても、ここは実在しない夢の世界、幻想そのものなのだから、何も起きてはいないけれども、眠りこけていて、夢を見ている、その夢がリアルだと思い込んでいるうちは、肉体、時間、ありとあらゆるものがあるかのように見えるので、そのレベルで対処しなければならない。

幻想を、投影を選ぶなら、それがどんどん無意味に拡げられてしまうけれども、そうではない幻想がひとつだけある。それがゆるしだということ。ゆるしとは、訂正すること、ホーリースピリット(真実とこの夢の世界の架け橋となって助けてくれる存在)の知覚で見ることができるよう祈り、エゴの知覚から移行すること。

ゆるし自体も、この夢の世界のなかでおこなわれること(天国、真実に「訂正」などまったく必要ない)だけれども、目を覚ますためのプロセスとして大切なこと――。

 

ゆるしこそ、惨事から抜け出し、あらゆる苦しみを通過し、最終的に死から離れる唯一の道です。これが神ご自身の計画ならば、他の道などあり得るでしょうか?

 
ゆるしを選ばないというのは、あり得ないことだと思うのに、つい、ジャッジしていたり、自分自身を責めているときがある、ということに今日は何度も気づきました。

苛立ちを露わにする、というほどの怒りを持っていなかったとしても、たとえ微かなものであったとしても、程度の差というものはないのだから、言い訳したり、正当化することはいっさいしたくありません。

小さな揺れを発見するたび、今日のアイディア「わたしの非難だけがわたしを傷つけます」を思いだし、ゆるしに向かいました。

 

  わたしの非難だけが、わたしを傷つけます。
  わたしのゆるしだけが、わたしを自由にします。

今日は、どんなかたちの苦しみでも、そこには必ず、ゆるそうとしない思いが隠されているということを、忘れないようにしなさい。そして、ゆるしが癒せない苦痛のかたちは、ひとつとして存在していないということも。

 

進んで、すべてに感謝して、ゆるしをおこなう(ホーリースピリットにお願いする)ことを、これからも忘れずにいようと思います。

Blessings,
 
2018.11.14
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック8 豊かさの力学/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら