奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson190:わたしは、苦痛の代わりに神の喜びを選びます。

 
今日のレッスンで、苦痛は神が残酷であると宣言するものだと述べられている箇所があります。

自分が意図したことではないのに、辛い目に遭ったとき、たとえば胃が痛いなどといった身体の症状だとか、自然災害による打撃などに対して、「どうしてこんな目に・・・」と嘆くとき、その思いをよく観察してみると、神に対して思いをぶつけている、怒りを感じているということに気づきます。

何も悪いことなんてしていないし、いっさい望んでなんかいないのに、なぜわたしがこんな目に遭わなくちゃいけないの。わたしが何をしたと言うの。なぜわたしをこんな目に遭わせるの。

神は残酷だ、ひどいじゃないかと言っているのです。

 

神が実在するなら、苦痛は存在しません。苦痛が実在するなら、神は存在しません。

 

あなたに苦痛をもたらすのは、あなたの思いだけです。あなたの心の外にあるものは何ひとつ、どんな方法であれあなたを傷つけ不当に扱うことはできません。…(中略)…あなた以外に誰も、あなたに影響を及ぼす人はいません。この世界には何ひとつ、ああなたを病気にし、悲しませ、弱らせ、もろくする力をもつものはありません。

 

まず、けっして被害者にはなり得ないということを、忘れてはいけないと思います。神はこの世界をつくってはいません。
すべては自分の投影なのです。それをどう見るかは、わたしに責任があります。

テキストでも学びましたし、レッスン152でも学びました。

苦痛を被ることを自ら選択しない限り、誰も苦痛に苦しむことはない。悲嘆にくれたり、恐れたり、自分が病気だと考えたりsるといった成り行きを、自ら欲しない限り、誰にもそうした状況がもたらされることはない。そして、誰も自分自身の承諾なしに死ぬこともない。

(『奇跡講座 ワークブック編』レッスン152/中央アート出版社)

 

では、何が大切なのでしょうか。それは今日のレッスンで述べられています。

あなたが自分の心を変えると決め、自分が本当に望むものとして神の喜びを選べば、この世界は完全に変わります。

苦痛を望むのではなく、神の喜びを選ぶこと。決めること。

 

この世界が、あなたに苦痛をもたらすように思えるかもしれません。けれども、原因のないこの世界には、原因となる力はありません。この世界は結果なので、結果を引き起こすことはできません。

この世界は結果であり、幻想なのです。それを選ぶと決断しないこと。

喜びを、神聖性を、平安を、選ぶ。
苦痛と喜びを混同することなく、ほんとうの喜びを、神の喜び、平安を、選びたいとおもいます。

Blessings,
 
2018.11.6
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック8 豊かさの力学/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら