奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson179:復習5 Lesson167,168

 
神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です。

Lesson167
ひとつの生命があり、それをわたしは、神と共有しています。

Lesson168
あなたの恵みはわたしに与えられています。わたしは今、それを自分のものだと宣言します。

 

今日も、生命(いのち)と、死についてのレッスン。
一昨日甥っ子が埋まれ、昨日は祖父母の最期について心配し、ちょうどわたし自身、生と死について考えさせられた期間でしたが、そのおかげか、うまく言えませんが、わたしのなかで変化がありました。

ワークをしていると、すべてとひとつということを感じます。これは、これまで何度も受け取ってきた感覚ですが、もっと確かなものとして、もっと広がりのあるものとして、感じられます。

肉眼ではどう見えていようとも、分離などあり得ないという感じ。その確信。
やわらかな光がすべてに広がっていて、影はどこにもありません。神の愛があまねくゆきわたっているのを感じます。

断ち切るということは、けっしてできないということの安心。信頼感。
深い安らぎを感じます。

わたしのハートには、つねに、しずかな喜びが広がっています。どこまでも、はるか向こうまで。ずっと。

恐れるものなど、何もないのだということが、これまで以上に確かなこととして、わたしのなかで根を張っています。
わたしとは、神の子だということの確信が。

 

あなたは他者についての幻想を持続させながら、自分自身についての幻想を持続させずにいることはできない。このことから逃れる道はない。なぜなら、心を断片化することは不可能だからである。断片化するということは細かく粉砕するということだが、心は攻撃することも、攻撃されることもあり得ない。

それがあり得るとする信念は、自我が常に犯す誤りであり、自我が投影を使用するときに常にその根底にある信念である。自我は心とは何かを理解していない。したがって、あなたが何であるかを理解していない。だが、自我の生存はあなたの心に依存している。なぜなら、自我とはあなたの信念だからである。

(『奇跡講座 テキスト編』第7章/中央アート出版社)
(長いので、2つに分けて引用しました)

わたしは自我ではなく、自我というものは実在していない。
わたしが自我ではないのなら、あの人もこの人も・・みな、世界中の人々も、自我ではない。

いま広がっているこのしずかな喜び、平和を、惜しみなくわかち合いたいと思うし、惜しみなく愛を差し出したい、すべてのひとの神聖性だけを、確信を持って見させていただきたいと思います。

投影という攻撃をするのではなく、ただ喜びのなかで、愛を延長してゆくこと。それをホーリースピリットとともにおこなってゆくことを、続けていきたいです。

 

Blessings,
 
2018.10.26
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック7 永遠の生命/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 

 

 


ルミエールのYouTube

無料動画レッスンなど

ヴェリテのYouTube

無料Zoomクラスなど

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら