奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson166:わたしは、神の贈り物を委ねられています。

 
昨日からの続きです。

この世界は神の意志ではないので実在していません。ただ、この世界が実在すると考える者たちは、別の意志、神の意志とは正反対の結果へ導く意志があるとまだ信じているに違いありません。それはまったく不可能なことです。しかし、この世界を見て、疑問の余地なく、確実に存在し、信頼できるもの、本物だと判断する心はみな、ふたりの創造主を信じていることになります。もしくはひとりの創造主、自分自身だけを信じているのです。けっしてひとつの神を信じてはいません。

 

ほんとうの創造主は、神であって、愛そのものであって、愛が、このような世界をつくるはずがないというのに、ここがリアルだと思って、この肉体が自分だと思い、存在していると信じているとしたら、ふたりの創造主を信じていることになる・・・これは、否定できないことだと思います。

真実に対して、妥協はあり得ないのに、中途半端な考えを持っているというのは、それにしても、おかなしなことです。

 

テキスト第11章に、このように書かれたところがあります。

神か自我か、どちらか一方が狂っている。双方の証拠を公正に検討してみれば、このことが真実に違いないとわかるだろう。神も自我も部分的な思考体系を提示してはいない。いずれもその内部で首尾一貫しているが、両者はあらゆる点で正反対であるため、部分的な忠誠は不可能である。…(中略)…生命(いのち)とは創造であるから、生きているもので父のいないものはない。したがって、あなたの決断は常に、「私の父は誰なのか」という問いに対する答えに他ならない。そしてあなたは自分で選ぶ父に忠実になる。

自我とは、神の父になりたいという神の子の願望から作り出された

 

第4章には、

神と肉体を混同するような思考体系はどれも狂気でしかあり得ない。

と述べられています。

(『奇跡講座 テキスト編』/中央アート出版社)

 

今日のレッスンで、心に響く箇所(いつもどのレッスンにもありますが)は、

キリストに触れられる感覚を得、神の贈り物に気づいた者に訪れる幸せをその人たちに示すことで教えなさい。悲しみに引き込まれて、自分の信頼する心を裏切ることのないようにしなさい。

キリストとつながることがすべての人に差し出すものを、身をもって示す人になりなさい。神は、すべての贈り物をあなたに委ねています。神の贈り物を選び、キリストに触れられた感覚を選択する心がどのように変容を遂げるか、あなたの幸せな姿で証明しなさい。今やそれがあなたの使命です。神は、ご自分の贈り物を与えることを、その贈り物を受け入れているすべての人に委ねられています。神は、あなたとご自分の喜びを分かち合われています。だから、今あなたはそれをこの世界と分かち合うために出かけるのです。

 

身をもって示す。
それは、ずっとわたしが願っていることです。

生き方、あり方で、示してゆく。差し出し続ける。
そのような人生を送りたいです。

 

Blessings,
 
2018.10.13
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック7 永遠の生命/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら