奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson160:わたしはわが家にいます。ここでは、恐れはよそ者です。

恐れは、愛の道にとっては「よそ者」なのだと、今日のレッスンで述べられています。

4段落目には、

愛と恐れの両方を守れる住まいなどどこにもありません。そのふたつは共存できません。もしあなたが現実なら、恐れは幻想に違いありません。そしてもしそれが現実なら、あなたはまったく存在していません。

と書かれています。

もしわたしが実在するとしたら、恐れは幻想だと言っています。

「わたし=この身体」という考えを、間違ったアイデンティティを持っていれば、恐れが消えるということはないし、だから防御するしかなくなり、攻撃(ジャッジ)を続け、痛みを感じ、だからこそ快楽を求め、ときおりいい思いをして、それでも恐怖は拭えず、死に向かっていくしかないのです。

くだらないなと思います。滑稽だと。

 

このあとの、5段落目、6段落目はとても興味深い内容だと感じました。

関連しているところが、テキストの12章にもあります。

あなたはこの世界ではわが家にいないので、必ず旅に出る。そして、自分の家がどこにあるかわかっていようといまいと、あなたは必ずそれを探す。もしあなたがそれは自分の外にあると信じるなら、探求は徒労に終わるだろう。それが存在しないところでそれを探すことになるからである。あなたはわが家が自分の中にあると信じていないので、自分の中を探す方法を思い出せない。だが、聖霊はあなたのためにそれを覚えており、あなたをそこに導いていく。それが聖霊の使命だからである。

(『奇跡講座 テキスト編』/中央アート出版社)

 

わが家には、真の自己がとどまっていて、そこには恐れなど、ありません。

真の自己がとどまるわが家は、外にはなく、わたしのなかにあります。

それは、セルフイメージをどうにか変えようと、頭の中であーでもない、こーでもないと思考することではなくて、このようにして思いだされるのだと述べられています。

今日のレッスン10段落目の本文。

キリストはあなたのことを忘れてはいません。ただあなたは、キリストが見るようにすべてを見られるようになるまでは、キリストのことを思い出さないでしょう。自分の兄弟を否定する者は、キリストを否定しているし、だから心の目で見るという贈り物を受け取ることを拒んでいます。けれども、真の自己にはっきりと気づき、我が家を思い出し、救いの到来を認められるようになるのは、その贈り物によってなのです。

(※「我が家」の漢字変換は、ガイドブックで印刷されているのと同じです)

 

自分のなかにわが家がある。でもそれを思いだせるようになるためには、文字通りすべての人々を、本当の愛のまなざしで見ること、神の子としての神聖性さを見させていただくこと、その贈り物を受け取ること。それによってのみ可能だということ。

誰かの欠点を見たり、ほんの少しでも不満を持ったり、ジャッジするのなら、その人を身体として見るのなら、わが家を思いだすことは決してできないということ。

微かに心が揺れるたびに、今日のレッスンを思いだしていました。
誰かに対して何かを思うことだけでなく、もちろん、物事に対しても、社会的なこと、ニュースに対しても、同じことで、例外をつくらないという練習は、ほんとうに日々、意欲を持って続けていくことが大事だと感じます。

ひとつ忘れてはいけないことは、自分でやろうとしないこと。
ホーリースピリット(聖霊)に導いてもらい、そのガイダンスにのみ従うのでした。

けっして、自分の判断でできるなどと思い上がらないこと。
何もわかっていないということを認めない限り、人生は無駄に終わってしまいます。

真に意味のある歩みを、続けていきたいものです。

 

Blessings,
 
2018.10.7
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック6 完全な治癒/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら