奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson150:復習4 Lesson139,140

 

わたしの心は、神と共に思うことだけを保ちます。

Lesson139
わたしは、自分自身のために、和解を受け入れます。

Lesson140
救いだけが治す、といえます。

 

レッスン139の「和解」というのは、アトーメント(贖罪/あがない)のことでした。

今日はテキスト(『奇跡講座 テキスト編」中央アート出版社)で、アトーメント(贖罪)について述べられているところを見てみます。

第2章では、

奇跡が手段であり、贖罪が原理であり、癒しが結果である。

奇跡を行う者にとっての唯一の責任は、自分自身のために贖罪を受け入れることだけである。

と書かれているところがあります。

 

分離を信じるという間違いを、ホーリースピリットによって取り消してもらう。すでに取り消されたことを、ほんとうに深く心で経験し、知覚の修正を経験すること。毎日わたしのすることは、それだけです。

レッスン139では、使命について述べられてもいました。今日は中央アート出版社のワークブック編から引用してみます。

私たちにはここで果たすべき使命がある。私たちは、かつて自分たちが信じていた狂気をさらに強化するためにここにきたわけではない。私たちが受け入れたゴールを忘れないようにしよう。私たちはただ自分たちの幸せを得るためだけにきたのではない。私たちが自分の本性として受け入れるものが、私たちとともにすべての人々の本性をも宣言する。兄弟を見捨ててはならない。彼らを見捨てれば、自分を見捨てることになる。彼らに愛のまなざしを向けなさい。それによって、彼らは自分たちがあなたの一部であり、あなたが彼らの一部であると知ることができるようになる。

とても素敵な箇所です。この後に、

贖罪は、このことを教えると同時に、神の子の一体性は、彼が自分の本性を知らないと信じることによって損なわれはしないと実証する。

と述べられています。

使命については、テキスト第4章では

あなたの使命はきわめて単純なものである。あなたには、自分が自我ではないということを実証するために生きることが求められる。

と書かれています。同じことです。

わたしとは、わたしたちとは、自我ではなく、神に創造されたままの永遠のスピリット、ただひとりの神の子なのです。分離など、どこにもありません。一度も、起きていません。

贖罪を完全に自覚するということは、分離は一度も起こらなかったと認識することに他ならない。自我はこれに打ち克つことはできない。なぜなら、それは、自我は一度も生じたことがないというあからさまな声明だからである。

(『奇跡講座 テキスト編」第6章/中央アート出版社)

 

レッスン140「救いだけが治す、といえます」の復習で思いだしたのは、

Lesson70
わたしの救いはわたしから生じます。

Lesson71
神の救いの計画だけがうまくいきます。

このレッスンでした。

レッスン70の教えは、自分の外側には救いはないということ、外側のどんなものも、平安をもたらすことはないということを意味しています。

救いだけが、真に治すのだと言える、その救いは、もちろん、自分で勝手に信じているこの世界の何かではなく、わたしの内にある。神がすでに与えてくださったもの。

それを忘れずに、ただ受け入れたいと思いました。

 

今日のエクササイズでは、アトーメントも救いも、この世界ではないところで経験される、わたしの内側で果たされることだと感じました。

この頃、すべてはわたしの内に在るということを感じます。
文字通り「すべて」が、です。

Aさんも、Bさんも、木々も小鳥も、あのビルも。それはそこに在るのではなく、真に在るものはみな、わたしの内に在るという実感です。

外に何かが在るように見えるというのは、それは、トリックなのです。
「外」というもの自体が、ありません。
「わたしの肉体」というものも、ありません。

言葉で説明するのは難しいのですが、すべてはわたしであり、わたしの外というものはなく、ひとつで、形というもの、枠というものはありません。

それは、とても幸せなことです。
喜びそのものです。

Blessings,
 
2018.9.27
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック56 完全な治癒/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら