奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson132:わたしは、世界について自分が思っていたことのすべてから、この世界を解き放ちます。

 

今日のレッスンも、大事な要素がたくさん詰まっています。

自分が見ている世界は自分がつくり出したもので、自分の心を変えるに従ってこの世界は変わる、と自分に言うことは、思いあがりではありません。

でも、自分とまったく切り離された世界に来てしまった、自分の思うことには左右されず、自分が思いついたこととはかけ離れた世界に来てしまった、と主張することは、思いあがりです。この世など存在していません!これこそがコースが教えようとしている思考の要です。誰もがこの思いを受け入れる心の準備ができているわけではありません。それでも、誰もが、自分のゆるせる速度と方法で、真実への道を進むのです。…(中略)…

癒しとは、世界は存在しないことを学ぶ準備ができていて、その教えを今受け入れることのできる人たちへの贈り物です。

 

このところ、日本では災害が続いていたので、このレッスンの内容はシンクロしているというか、ピッタリのレッスンだと感じました。

この世が本当にあなた自身の想像だとしたら、そこにこのような姿を与えた思いをみな変えることで、あなたは、自分がこの世についてこれまで抱いてきた思いのすべてから、この世を解放することができます。

 

テキスト(『奇跡講座 テキスト編』第21章/中央アート出版)には

世界を変えようとするのはやめなさい。そうではなく、世界についてのあなたの心を変えることを選びなさい。知覚は結果であって、原因ではない。

 
と書かれているところがあり、

 

世界を嘆いても無駄である。世界を変えようとしても無駄である。それは結果にすぎないのだから、変わりようがない。しかし世界についてのあなたの考えを変えることならば、確かに意義がある。そうすれば、原因を変えることになるからである。その結果は自ずと変わっていく。

 
と、レッスン23(『奇跡講座 ワークブック編』/中央アート出版)では述べられていました。
 
 
ずっと、同じことを繰り返し教えてくれています。
 
そして、今日のレッスンでとくに響くのは、
 
今日のレッスンは、あなたの真の自己を知ることは世界を救うことであることを、ただ別の言い方で言っているにすぎません。あらゆる苦痛からこの世を解放することと、あなた自身についてのあなたの思いを変えることは、同じです。アイデアがその源を離れることはなく、あなたのアイデアとかけ離れた世界などありません。つまり、あなたは自分の心の内に、この世界を思いとして維持しているのです。

というところです(マーカー部分はわたしが引いた箇所です)。
 
 
ワークでは、小さな灯りが幾つもあって、それはもう、数えられないほどでした。最初はそういうふうに、ひとつひとつの灯りだったのですが、気づくと大きなひとつの光となっているのが見えました。神の子はただひとり。わたしたちはひとつ。それを感じることができました。
 
今日はちょうど、香咲弥須子さんから、世界の平和の祈りをしましょうというお声かけがありました。今日のレッスンとシンクロしています。
 
わたしはイエスに、どのような言葉で祈らせていただけばよいか尋ね、次の祈りを受け取りました。
 
ホーリースピリット、
わたしたち、
生きとし生けるすべてのものが
 
神によってすでに約束されている平安を受け入れ、
 
心の静けさと安らぎを
思い出すことができますように。
 
わたしたちが
世界に痛みを見る代わりに、
 
わたしたちの本当の強さを
思い出すことができるよう
どうか助けてください。
 
この目に映るものの向こうに在る、
本当のいのちの輝きを見せてください。
 
わたしたちが世界を嘆き、
恐怖を抱き、
怒りと苦しみを選ぶ代わりに
 
このすべての幻想を
ゆるすことができますように。
 
わたしたちすべての心、
分かつことのできないひとつの心が
完璧な平安に戻れますように。
 
わたしは
真に助けとなるためだけに
ここにいます。
 
どうかわたしを
愛と奇跡、
ほんとうの癒しと救いのために
お使いください。
 
導きに感謝します、
ありがとうございます。

「わたし」=「わたしたち」とは、「神の子」なのでした。
神の子が、苦しむはずがありません。

 
この世界にとらわれることなく、解き放ち、真のアイデンティティを深く受け入れたいと思います。
 
Blessings,
 
2018.9.9
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック5 神の教師/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら