奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson107:真実は、わたしの心の中の間違いをすべて正してくれます。
 

今日のレッスンの第2段落目にこう書かれています。

幻想のない心の状態とはどんなものか、あなたには想像できるでしょうか?どんな感じでしょう?思い出そうとしてみなさい。たぶん1分くらい、あるいはそれ以下だったかもしれませんが、あなたの平和を邪魔するものなど何ひとつなかったときのことを、自分は愛されていて安全だと確信していたときのことを思い出してみなさい。それから、その瞬間が時の終わりまで、さらには永遠へと広がっていったなら、どんな感じがするか想像してみなさい。そしてあなたが感じたその穏やかな感覚を百倍にし、それからまたもう一度百倍にしてみなさい。

 

幻想のない心の状態。子どもの頃や学生の頃に、そういった感覚を経験したことがありますし、大人になってからも、たびたび経験しています。

奇跡のコースに出合っていない、学生の頃の記憶では、どこまでも平安がひろがっているような感じで、完全な信頼があり、たとえ、もしいま誰かに包丁で刺されたとしても、あるいは地震で家が崩壊して押しつぶされて死んだとしても、まったく平気だと感じている状態でした。とても幸福で、愛だけが在る、という感覚。すべてである、という感覚でした。

大人になってからも、同じような感覚で、「自分」という枠だったり、「身体」という感覚がなくなるのです。
言葉にするのは、難しいですが。

テキスト(『奇跡講座 テキスト編』/中央アート出版社)には、

誰もが、自分を超えたところに運ばれる感覚と呼べるような体験をしたことがある。この解放感は、時に特別な関係の中に望まれる自由の夢を、はるかに凌ぐものである。それは実際に制限から脱出する感覚である。この「運ばれること」が真に何を意味するのかをよく考えてみるなら、それは肉体についての自覚の突然の喪失であり、自分自身と他の何かがつながる中で自分の心がそれを包み込むところまで拡大する体験だとわかるだろう。

と書かれているところがあります。まさに、そのような体験です。

 

恐れるものは何もないのに、存在を脅かすものなどないというのに、わたしは身体ではないというのに、何を恐れる必要があるでしょうか。なぜ身構えなければいけないのだと、考えなければいけないのでしょうか。自分を守る必要など、どこにもありません。

ただ、真実に心を開くのみだとおもいます。
幻想は文字通り幻想であって、どこにも存在していません。

真実は、わたしの心の中のすべての間違いを正してくれます。」
そしてわたしは、わたしの真の自己である神の子の内で安らぐことにします。」

 

わたしがたとえ間違いを犯していても、ゆるされているということを今日感じました。
幻想を見ていても、それに罪はないというこを感じたのです。
それは、「だからこのまま幻想を選んでいてもいい」ということではなく、幻想はやはりどこにもないということ、そして、いつもホーリースピリットは、イエスは、待っていてくれているのだという意味です。

ミラクルワーカーというのは、時間を無駄にしないのでした。
わたしのすべてを、真の目的のために使ってもらえるよう、差し出したいとおもいます。

Blessings,
 
2018.8.15
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック4 聖なる関係②/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら