『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson65:わたしの唯一の役割は、神がわたしに与えてくださった役割です。
 
 
今日のレッスンで印象に残ったのは、
 
あなたのただひとつの役割として救いを完全に受け入れるには、必然的にふたつの段階を伴います。救いをあなたの役割として認めること、そして、自分のためにつくり出したその他のあらゆるゴールを放棄することです。
 
という箇所で、しかも
 
これが、あなたが心の平和を見つけることのできるただひとつの方法です。
 
 
とあります(『奇跡のコース』のワークを学ぶ ガイドブック3 聖なる関係①/香咲弥須子/ナチュラルスピリットより)。
 
 
ゴールについては、レッスン25でも述べられていました。いま手元にあるのが『奇跡講座 ワークブック編』/中央アート出版のほうなので、こちらから今回は引用しますが、
 
あなたは世界とその中にある一切を、自我のゴールの見地から有意義だと知覚している。これらのゴールはあなたの最善の利益とは無関係である。
 
 
今あなたが知覚しているゴールについて別の表現をするなら、それらはみな、「個人的な」利益に関するものであると言える。あなたには個人的な利益などないので、あなたのゴールは本当は何にも関与していない。したがって、それらを大切にしているとき、あなたには一つも真のゴールがない。
 
 
すべてについてあなたが自分で設定したゴールを、自ら進んで放棄しようという気持ちになることが、あなたの学びにとって決定的に重要なことである。それらのゴールが「よい」か「悪い」かではなく、意味がないと認識することが、それを達成する唯一の道である。
 
 
 
・・しびれます。笑
 
 
今日のエクササイズでは、今日のレッスンのアイディアに対して、それを邪魔しようとする思いを見ては、その思いがただひとつの役割を受け入れることを妨げるという目標を映し出している、ということを言っていくのですが、
 
本当にどうでもいいような、ちょっとした思いに対しても、これを当てはめて言うことによって、こんなにも、真のゴール、真の役割から遠ざかるようなことを、しきりにやっているのだと気づかされました。
 
たとえ、いわゆる「ポジティブなこと」であっても、です。それも、どれもこれもみな、妨げとなる。
 
全面的なコミットメントが必要・・ということに対して、まだたじろいでしまうのが正直なところですが、それでも以前よりは、「自分のためにつくり出したその他のあらゆるゴールを放棄する」ということについて、受け入れられる心にはなっています。
 
「わたしのゴールはこれ!」というものは、もうないし、「わたしはこれがしたい!」と、未来に思いを寄せるような、強く惹かれるものも、なくなってしまいました。
 
あとは・・微かな思考、誘惑に乗ってしまっている瞬間、、そういうものをきれいに捨て去ること・・でしょうか。
 
夥しい量の、「微かな邪魔」がありそうですが、ひとつずつ、手放していきたいと思います。
 
 
Blessings,
 
2018.7.4
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック3 聖なる関係①/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら