『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています

 

Lesson7:わたしは、過去だけを見ています。
 
 
これを目に見えているものに1つずつ当てはめていくと、
するするっと、以前貼り付けたわたしの思い(判断、ジャッジ)が剝がれていって
光の縁どりが見え始め、穏やかな気持ちになっていきました。
 
またあるときは、
「見る」ということが一種の防御であり攻撃であるようにも思え、
 
また別のときには
「見る」ことは「受け取らせていただく」こととして感じるときもありました。
 
 
あらゆるものが、残骸のように見えたときもありました。
まるで残骸だ、、と感じた自分に、「それは何の?」と問いかけてみたとき、
「攻撃の。」と答えが浮かんできて、
 
この世界は、攻撃のシンボル、そこここにあるものはその残骸――「残骸」と感じるのは、きっと、
これが「もう終わったこと」だからだとおもいますが――のようにしか見えなくて、
 
それが悲しいだとか、虚しいといった感情はなく、
ただ何もない、何の意味もないこれらを、どのように見るかだけなのだとおもいました。
 
どう見るか・・・。
もちろん、ホーリースピリットの目で見たい。
 
 
 
「見る」というのは、なんとなく、ちょっと(どころではなく?!)攻撃的なビームのような、
そんな感じがします。
 
たとえそれが、
「わあ、うれしい。お気に入りのお店で買った、このバッグ!見ているだけでうっとり」
なんてことを思って見ていたとしても。
 
あるいは
「ああ、なんてこの子はかわいいの」と、
わが子や、飼っているペットを眺めているのだとしても。
 
 
ほんとうのすがたを、まるで見ていないのだから。
 
だから、それは、「攻撃」に違いないのです。
 
 
 
1回目にワークブックのレッスンをしたときのメモが
持ち歩いていたガイドブックに書き込まれているのですが、
 
このレッスン7の最初のページには
「テキスト15.Ⅴ.1.3」とだけ書かれていました。
 
何が書かれていたんだっけと気になって開くと、
このような文章がありました。
 
 
あなたは過去の経験を基にして判断するので、判断は常に過去の上に成り立っている。判断は過去がなければ不可能となる。なぜなら、過去がなければ、あなたは何も理解できないからである。あなたは判断しようと試みることさえしないだろう。なぜなら、何についてであれ、それが何を意味するかを自分は理解していないということが、きわめて明らかになるからである。あなたはこれを恐れている。
(『奇跡講座 テキスト編』/中央アート出版より引用:第15章Ⅴ節、第1段落の一部)
 
 
 
ほかにも、興味深いところを見つけました。
 
 
エゴは時間について奇妙な概念をもっており、まずこの概念を疑問視することから始めるのが良いでしょう。エゴは過去に非常な投資をして、最終的には、過去が時間の唯一の意味のある側面であると信じています。エゴは罪悪感を強調することによって未来を過去と同じものにして、現在を回避し、自らの継続を確実なものにすることを思い出してください。未来において過去の代価を払うという概念によって、過去が未来を決定するものとなり、中間に介在する現在はなくなり、過去と未来が連続的につながることになります。というのは、エゴは現在を未来への短い過渡期であるとだけ見なし、その過渡期において現在を過去の言葉で解釈することにより、過去を未来へともっていくからです。
(『奇跡のコース 第一巻 テキスト/大内博訳/ナチュラルスピリットより引用:第13章第Ⅳ節第4段落)
 
 
 
(ちなみにA Course in Miraclesア・コース・イン・ミラクルズは、
日本語訳版としては『奇跡講座』と『奇跡のコース』が別の出版社から出ていますが、
どちらでも、ご自身のしっくりくるほうをお読みになるとよいとおもいます)
 
 
 
初めてこのレッスンをしたときの感想が走り書きされていたので読みましたが、
なんだかよくわからないことを書いていました。笑
 
きっと、混乱していたのだとおもいます。
それは・・そうですね。
 
 
 
鏡に向かって、心のうちで、これを言ってみました。
 
「わたしは、過去だけを見ています」
 
 
いったい、これは何だろう・・という気分。
 
わたしとは、誰だった?という感じ。
 
とてもこれが「わたし」とは思えない感じ。
 
 
あれ?ちょっと太ったかしらと、
すかさず自我の、どうでもよい考えが浮かんだり。
 
 
なんだか、少しも、「いま」にいる気がしないのでした。
 
 
 
2018.5.7
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック1 わたしは何も知らない/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちらです。
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください。
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛カウンセラー

ドリーン・バーチュー博士公認
Angel Therapy Practitioner®

私学の中高一貫校で国語の講師として10年間務める。
 
20代の頃、ニューヨークなどでカウンセリングについて学びを深め、26歳から心理カウンセラーとして活動し、28歳で起業。
 
その後数々の奇跡が起き、自分では申し込んでいないのに、ドリーン・バーチュー博士から直接、オラクルカードリーディングについて学ぶ機会に恵まれ、Angel Therapy Practitioner®として活動するように。
 
その後依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。




オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。セッションは10000件ほどになる。




かつては、自分の存在価値がまるでないと感じ、無力感や痛みを抱え、人と関わることが苦手でふさぎこみがち、虚無感と無価値感に耐え切れずリストカットをしていた頃もあったが、
 
「わかち愛」という、眠っている才能を呼び覚ます大切なエッセンスを知り、人生の大きなシフトを経験する。
 
自分に自信を持てずにいる人が、誰にでも与えられている「わかち愛ミッション」を思いだし、内なるガイダンスを受け取って軽やかに人生を切り拓き、愛と喜びを経験できるようサポートしている。

詳しくはこちら