オラクルカードの使い方

大事なのは「呼吸」

 

オラクルカードの読み取りが
なぜかうまくいかないな…と感じたときに
チェックしてみたいこと9つのうち、

今回は2つめの
「呼吸が浅くないかどうか」について
書いてみたいとおもいます^^

(ちなみに前回の記事はこちら

 

 

オラクルカードを引いたときに
あれこれ考える必要はありません◎

考えるというのは
エゴ(自我)のはたらきであって、

リーディングする際に
思考する時間は不要です^^

 

オラクルカードリーディングの練習のときに
エゴとつながっているかどうかは
見ていてすぐわかるのですが、

眉間にしわが寄っていたり、
口角が下がっていたり・・・

呼吸が浅いという特徴があります^ ^;

 

清らかなエネルギーが
通り抜けられないような、、

詰まったような状態なんです。

 

 

「わからないな~」と
オラクルカードを見てそう感じたら・・・

まずゆっくり深呼吸して
リラックスしてみてください^^

 

そうして、
思考をぐるぐる巡らせるのをやめて

考えずに「受け取る」時間を
過ごしましょう。

 

普段から
思考することに慣れすぎていて、

感じ取る
受け取る
という大事なことを怠りがちですが、

聴く姿勢
受け取る姿勢
キープできるよう練習してきましょう^^

 

 
1.浄化をしたかどうか

2.呼吸が浅くないかどうか

3.当たる/当たらないという視点で
  見てはいないか

4.解説書を見ない!ということに
  こだわっていないかどうか

5.自分の思考を使っていないかどうか

6.心をオープンにしているかどうか

7.期待を脇に置いているかどうか

8.抵抗していないかどうか

9.今すぐ100%理解しようと
  していないかどうか

 

次回は
3つめのチェックポイントについて
お伝えしたいとおもいます^^!

 

最後までお読みくださり
ありがとうございます

末吉 愛

 

こちらは毎週水曜にお届けしています♪

 



あなた本来の輝きと女神性を呼び覚まし
フェミニンリーダーシップを発揮できるよう
サポートする,
末吉愛のプロフィール

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピー
プラクティショナー(ATP)®

ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。

教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

詳しくはこちら