【大阪】【東京】あなた本来の輝きと女神性を呼び覚ましフェミニンリーダーシップを発揮できるようサポートする,ドリーン・バーチュー博士公認エンジェルセラピープラクティショナー®末吉愛のサイト
スタディブログ

INNOCENCE~すべてにゆるしを~ Miracle☆Lesson #005

癒しのポータルサイトCOCORiLA連載コラム再録

 

末吉愛 オラクルカードであなた本来の輝きを呼び覚ます「Miracle☆Lesson」 第5回
 

のコラムでは、ドリーン・バーチュー博士のオラクルカードを使用し、引いた1枚をテーマにしたエッセイをお届けしております。 

毎回最後には「Miracle☆Lesson」として、「あなた本来の輝きを呼び覚ます」ためのちょっとしたワークをご紹介♪ 

今回使ったのは「大天使ミカエルオラクルカード」で、引いた1枚は「INNOCENCE」でした。 
というわけで、今回は「ゆるし」について書いてみます。  

☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜☆゜・*。゜

よりよい未来を切り拓いていきたいと思うものの、

「こんな自分」にはできない
「こんな自分」は愛されるはずがない

というようなネガティブな思考があるために、なかなか前に進めないことがあります。

「こんな自分」。

自分という存在に、「こんな」がつくのは、いったいどうしてでしょう。

「こんなわたしだから…」

自分の価値を低く見て、その本当の価値を認められない。

「どうせわたしなんか」
「所詮わたしはこの程度よね」

なぜ、「こんな」や「どうせ」という言葉が出てくるのでしょうか。

自分の価値を低く見ることの背景には、「過去」が関係していると言えます。

親にじゅうぶん愛されなかったし、わかってもらえなかった。
愛する人に裏切られた。
友達に理解してもらえなかった。

だまされた、いじめられた、悪口を言われた。

頑張ったのに、評価してもらえなかった。
一生懸命やったのに、認めてくれなかった。

平等に扱ってもらえなかった。
誰からも相手にされなかった。

気分次第で、わけもなく冷たくされていた。
暴力を振るわれていた。

思い出すのも嫌な、悲しい「過去」――。

誰かに何かを「された」、被害を受けたという認識から、
そのようなことをされた自分の価値を低く見るようになる。

期待していた通りのものを与えてもらえなかった失望感から、
与えられるに値しないのだと自分を軽んじてしまう。

あるいは、自分のしたこと――「罪」による、自責の念。

あんなひどいことをしてしまった。
わかってあげられなかった。
そんなつもりはなかったけど、裏切ってしまった。

苦しめてしまった。
責めるんじゃなかった。
知らず知らず、傷つけてしまっていた。

そんなことをしてきた自分には、価値がない。

ひどいことをされた、「こんな自分」。
ひどいことをしてきた、「こんな自分」。

≪被害者意識≫と≪罪悪感≫。

どちらの思いも言うまでもなく、わたしたちを苦しめるものです。

≪被害者意識≫の奥底には、相手に対する「怒り」があるまま、癒えずにいることがあります。
とくに、親や、深く愛していた異性に関するものは、根深いことが多いと言えるでしょう。

「怒り」で、罪を犯した(と思っている)相手を裁くことなどできません。

「怒り」がねじ曲がって、自分を病の身に置き続けることで親に復讐しようとしている大人の方もいますが、
それはまったく、復讐として成立していません。

「攻撃心」とは、どこへ放たれようと、寸分の狂いもなく正確に自分自身に向かってゆくものなのです。

≪罪悪感≫もじつのところ、ある意味「攻撃」です。自分に対する「攻撃」。
「自責」とは、むろん、自分で自分を責めとがめることであり、それは一見、謙虚に自分のしたことを省みているようでいて、ただ自分を攻撃しているにすぎない、真に誰のためにもならないことです。

自分に対する「攻撃」も、もちろん自分を苦しめます。

≪被害者意識≫を持ち続けたり、≪罪悪感≫を抱き続けることで、いったい誰が救われるというのでしょう。

「感情」というものには「時間軸」は無関係で、何歳の時のことであろうと、
その当時の「怒り」、「悲しみ」、「寂しさ」などが大人になった「今」でも、生きていることがあります。

その時の感情が扱われることなく、受容され、理解されずに、押し殺されたままであった場合、
心の奥底で生き続け、閉じ込められたその場所からドアを時折ノックして、存在を知らせようとするのです。

大人になっても「引きずっている」というのはこのためで、
中には、器用に「忘れる」――「忘れた」ことにしている――人もいます。

それでも言わずもがな、「ゆるせない」感情、その痛みが消えることなどありません。

相手を恨みに思い続けても、自分を責め続けても、決して救われることはないのです。

 

本当に大事なことは、このカードが示しているように、わたしたちは「INNOCENCE」(無罪)である、ということです。

過ちは正されなければなりませんが、わたしたちには「ゆるし」が必要です。

過ちを犯した相手をゆるしましょう。
自分自身をゆるしましょう。

わたしたちの本当の「完全性」は、「ゆるし」さえ通り越したその先に観ることができるのだと思います。

≪過ち≫と≪罪≫は別のものです。

わたしたちは「罪人」ではなく――それゆえ「攻撃」に基づく「裁き」は不要で――、ただ「間違い」を認め、それを正し、愛をもって「ゆるす」ことが求められているのではないでしょうか。

「怒り」も「後悔」も「学び」に換えて、これまでのすべてをゆるしましょう。 

 

★Miracle Lesson★
メソッド5
何がゆるせないのか紙に書き出して、その怒り、罪悪感、自責の念のすべてを手放すために、「わたしは○○を、愛をもってゆるします」と言ってみる。

ゆるせずにいる相手の名前や自分を当てはめて、心をこめて言ってみましょう。
書き出した紙は感謝の想いとともに処分してください。
「自分は大丈夫」と思っている人も、やってみると気づくことがあるでしょう。

2013/06/17掲載

Miracle☆Lesson他の記事はこちら

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら

 

オラクルカードメール講座

オラクルカードメール講座

7日間で基礎を学べます

エンジェル&アロマ

エンジェル&アロマ

毎週水曜配信

天職&「わかち愛」マインド

天職&「わかち愛」マインド

毎週日曜配信

オラクルカード講座

オラクルカード講座

学んで終わりにならない講座

オラクルカード動画レッスン

オラクルカード動画レッスン

フェミニンリーダーズ起業

フェミニンリーダーズ起業

21日間のプログラム

プレミアムエディション

プレミアムエディション

オラクルカードのテキスト

奇跡のコース・メルマガ

奇跡のコース・メルマガ

こころのエクササイズ

こころのエクササイズ

LINEメンバー登録

LINEメンバー登録

ルミエール facebookページ


Twitter 今日のメッセージ

PAGETOP
Copyright © ヒーリングサロン&スクールLumiere All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.