わかち愛ビジネス~スピリチュアル起業レッスン~

 

ブログを書くのもお風呂に入るのも一緒!

 

癒しの分野、
スピリチュアルな分野で起業したい方、
すでに少しは活動している方で

ブログを書くことが必要だと
明確にわかっている人に向けて

「ブログを書けない理由」シリーズ
書いています^^

 

まず大事なのは、目的なんです。

ブログを書く/書かないの前に
書く必要があるかどうか。

必要性に気づいていないのに
書こうとしても意味がありません(>_<)

必要なんだとわかっていて、
それでも「書けない」と感じている、
そういうときのための内容です^^

これについては第1回目で
書いています。

 

 

 

ブログを書けない理由のうち
今日は2つめの
忙しくて書く時間がない
ということについて述べてみます^^

前回の記事で、
ブログを書くのも
お風呂に入るのも同じだと書きました。

必要だとわかっていたら
やるはずですね^^?

 

1日30分で構わないと書きましたが、
こんな意見があるかもしれません。

「わたしは30分では書けません。
 1時間、長いときは2時間かかるんです」

 

 

 

時間の使い方を見直そう

 

もし1つの記事を書くのに
1時間かかるのなら

2日に1回のペースで
記事を更新できますよね^^

 

1日30分くらいは
ブログ記事を書くために
充てられるのではないでしょうか。

それが無理だというのなら
1日10分は確保する。

3日に1記事くらいか、
時間がかかる人でも
1週間に1本は書けるはずです。

 

「忙しい」ということは
「書けない」理由にはなりません

あとは・・・
そうですね、時間の使い方
振り返ってみてもいいとおもいます。

存外、どうでもいい時間が
あったりしますから。笑

 

あるいは、使っていない
空白の時間を見つけられます。

電車に乗っているときに
ブログ記事のネタを考えて
携帯のメモ帳に箇条書きしておき、

歩いているときに
そのネタについて考えてみて、
これいけそう!と思ったものは
帰宅後記事にする。

そんなことだってできます^^

歩いているときや
歯を磨いているときなど、

それ以外の動きは
できないような時間って
結構使えるものです◎

頭は空いていますから^^

 

そこまでしたくない!と
思ったとしたら、
たぶん、、ビジネスをするところに
立っていないんです。

お勤めしているほうが
よいのかもしれません^ ^;

 

 

こうした工夫を
イヤイヤするわけじゃないんです。

だって、「好きなこと」なのだから
電車の中でも、歩いていても
楽しいんです^^

「お!これは記事のネタになる♪」
「これはみんなにシェアしたい♡」
そんなふうに、ワクワク感があります。

 

ブログ記事を書くことを義務のように、
修行か何かのように感じるのだとしたら、

その勘違いについて
考え直すところからやってみましょう^^
(↑過去の記事をお読みになってみてください)

 

・・ところで、「あれ??ブログは
毎日書かなくてもいいの?」と
思われた方がおられるかもしれません。

それについては、
次回取り上げてみますね^^!

 

Blessings,

 

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら