オラクルカードリーディングで
お仕事していきたい方必見!♡

プロとして活動していくうえで
大事な7つのカギのうち、
1つめについて書き続けて6本目・・・(>_<)

 

 

ここ数回は
オラクルカードリーディングの
応用力についてお話してきました^^

応用力の2つめ
ぶれずにメッセージ受け取れる
ということについて前回お伝えしましたが、

今日はその続きを書いてみますね^^!

 

ぶれずにリーディングするには
信頼することが大切でしたね◎

オラクルカードリーディングで
大事なポイントの1つは、

急激な変化は起きない
ということです。

 

オラクルカードを触ったくらいで
別人のように
見えたり聞こえたりするようなことは
まずありません 笑

ドラマチックなことを
期待しないことです(>_<)

 

ということは・・・
練習あるのみ!なんですよね^^

よく講座でも言っていますが、
自転車に乗れるようになるのと一緒です。

ただ、重要なことは
適切なやり方で練習する」ということ。

 

カードを引いて、
そのカードとにらめっこして
こうかな?ああかな?って意味を
自分で考えるのだとしたら、

それは適切な練習方法ではないので
何万回やっても
ぶれずにメッセージを受け取れるようには
なりません(>_<)

 

自分の解釈は「一切不要」なんです。

思考を介さずに
メッセージを受け取ることができるのですが、

それをこれまでしてきたことがない場合は
もちろん、その練習をすることが欠かせません。

 

 

 

わたしたちは、
自分勝手に意味づけする練習は
嫌というほどしてきたはずです…汗

何でもかんでもジャッジしてきましたよネ。

ジャッジせずに「見る」ことが
できないくらいに・・・。

人を見ても、街を見ても、
自然風景を見ても。
モノというモノ、出来事という出来事に。

ジャッジばかりです・・・^ ^;

 

さっきの、メガネをかけた犬の写真を見ても、
何かしらの判断があったとおもいます。

「あ、かわいい」
「え、なんでここで犬の写真?」
「あら、ワンコがメガネかけて」
「あ、Mac!最近買おうか迷ってたし」

 

ほんの一瞬くらいのあいだに
何かしらジャッジしてるんですよね^^

 

オラクルカードリーディングをしているときは
こういう自分の判断というのを
脇に置いておくんです。

浮かんでしまうのは仕方がないにしても、
その思考を「走らせない」こと。

できればそのジャッジを
ほんの数分間だけでもやめてみる

これは最初はなかなか
うまくできないかもしれませんが、
練習すればできるようになります。

 

カードを引いて、
それを目にしたときに

「あ、これ好きなカード!」
「うわ、こんなカードが出るなんて」
「え?意味わからん」
「ん??質問の答えじゃないやん」

こんなふうに
自分の判断が出てきて、

その考えに引っ張られていると、

最初からやって来ていた
大事なメッセージを受け取れないんです。

そんなときは、
一度目を閉じて深呼吸をしてみましょう^^

頭をゼロに戻して
からっぽの感覚になってから、
平和な、穏やかな気持ちになってから

目を開けて
もう一度カードを見てみてください^^

 

コツコツ・・・楽しみながら
続けてみましょうね♡

ざっくりではありますが
オラクルカードリーディングの
練習法についてはこちらで書いています◎

読み取りができないときの
チェックポイントについてはこちら

よろしければ
参考にしてみてください^^

 

オラクルカードお仕事編
次回は「カウンセリング力を高める
ということについて書いてみますね!

どうぞお楽しみに☆彡

Blessings,

 

こちらでもオラクルカードリーディングについて
書いています♪

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら