癒しやスピリチュアル分野で
お仕事していくうえで大事なチカラとして

カウンセリング力があると
前回お伝えしました^^

 

カウンセリングは
こちらから一方的に説明したり
アドバイスをするのではなく

基本的には「きく」ことが大切で

♥1♥ 主訴を訊く
♥2♥ 状況を訊く
♥3♥ 価値観に関して聴く
♥4♥ 問題の本質について聴く

 

この4つのステップがあるのでしたね^^

今日はこのうちの
「主訴を訊く」
「状況を訊く」ということについて
書いてみたいとおもいます。

 

 

カウンセリング、ヒーリング、
セラピー、ボディワーク

いろんな種類がありますが、

お会いして突然マッサージをしたり
解決法を伝えたり
いきなりヒーリングが始まったり…ということは
基本ないですよね^^

 

あいさつから始まって
ちょっとした、心ほぐれるお話をしたあと、

何のために/何を解決したくて
お越しになったのかをお伺いするとおもいます◎

たとえば
「今日はどうされましたか?」
「どんなことでお困りですか?」

といった質問をします^^

 

ボディワークの場合は
健康面で気になること、
体調や食事などについて尋ねたり、

アンケートタイプのカルテに
気になる症状を記入してもらうことも
あるかもしれませんね。

 

 

 

悩みについて「訊く」わけです。

何を解決したいと思っておられるかを
丁寧にお聞きします

心理カウンセリングやセラピーなどであれば
主訴をお伺いしたら、
それに関連したことを尋ねていきます

 

オラクルカードリーディングの場合でも
同じですね^^

「どんなことをリーディングしましょうか」
「どのようなことでお困りですか?」
といった質問をして

「仕事を変えたいと思うんですけど、
 何が向いているかわからないんです」と

クライアントさんが答えたら、

「じゃあ、カードで聞いてみますね!」って
いきなりカードをシャッフルするのではなくて、

 

そのお気持ちを汲み取ってから
(詳しい言葉は省略します)

「今はどのようなお仕事をなさっているんですか?」

「お仕事を変えたいと思うようになったきっかけは、
 どのようなことですか?」

といった質問をします。

 

クライアントさんの状況について
丁寧にヒアリングしていきます^^

どのような状態になっていて、
どんな問題を抱えておられるのかを
質問することによって

こちら側だけでなく
クライアントさん自身にとっても
明確になるようにしていきます。

クライアントさんは
自分の状態や悩みを客観視できるので
とても大切なステップです^^

 

「訊く」というのは
「ヒアリング」のことですね◎

悩みについて尋ねて
状況を把握し、整理していく

ここまでが
ステップ1、ステップ2です^^!

 

次回はステップ3
「価値観について聴く」ということについて
書いてみますね♡

どうぞお楽しみに☆彡

Blessings,

 

*関連記事*
わかち愛ビジネス:マインド編
わかち愛ビジネス:オラクルカード編

 

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。

教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる,
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための
女神性輝くフェミニンリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら