毎月『奇跡のコース』/『奇跡講座』のクラス(テキストクラス学習シェアクラス)を開催していますが、いつもご参加くださっているTさまからご感想を頂戴いたしましたので、ご紹介したいとおもいます◎

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

Tさま(大阪府)

 

私が奇跡のコースを学び始めたのは昨年の8月からになります。最初に学んだ時には衝撃が走りました。
今まで当たり前と思ってた事がひっくり返されたからです。
また普段の生活の中で既に自分が愛されているなど考えたこともなかったからです。

 

奇跡のコースのテキストはとても分厚くて難しいのですが毎月読書クラスに参加させて頂いてわからなかった事がわかったり、仲間と共に学べる楽しさを感じています。
学びは深く、参加するたびに少しずつ自分の中で変化が起きていることを感じています。

 

Skypeクラスでは日常の事を話してシェアをするのですが先月のクラスでは1人の悩みをみんなで聞いてるだけなのに癒しが起こる体験をして私も本当に癒されました。
この素晴らしい奇跡のコースをこれからもたくさんの方と一緒に共に学べたら素敵な事だなと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

 

 

奇跡のコースの学びは「自学自習」によって深めていくものですが、自分一人でやらなければならないという意味ではないのですよね。誰とも一緒に学んではならない、とは述べられていません。

 

ほんとうの奇跡は、2人以上の人のあいだで経験できることです。
わたしが「ゆるしのまなざし」を通して見る(ものの見方を変える/ホーリースピリットの目で見る)ことによって、そしてそこで本当にもたらされているものを受け取らせていただくことによって、「確かにそうだ」と感じられます。

 

確かに、そうだ。
ああ、もうすでにゆるされている。
ああ、こんなにも愛されている。
ああ、確かにわたしたちはつながっていて、ひとつなんだ。

 

頭で考えてもわからないこと(むろん自我にはわかりようがないのです)を無理に理解しようとするのではなく、心を見ることによって、それも、「自分で」やろうとせずに「ゆだねる」ことで、それまで見えていなかったものが見え始めます。

 

確かさというのは、頭で考えて得られるものではなくて、心のまんなかで深く実感できるもの。
しかもそれは、たった一人で得られるものではないのですよね。

 

心の実践が大切だとしみじみおもいます。
心の実践には「相手」がいます。ほんとうの輝きを見せてくださる相手が。

 

仲間とともに「奇跡を経験したい」という思いをもって、ともに学ぶこと、心の実践をおこなうことで、わたしたちは確かに、ああそうだと深く感じられるのだとおもいます。

 

何がリアルで、何がリアルでないかを。
「わたし」の役割とは何であったかを。

 

ありがとうございます
Blessings,

 

 

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら