奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson129:この世界を超えたところに、わたしの望む世界があります。

 

昨日の続きになっているレッスンです。

わたしたちが強調しているのは、この世界をあきらめることではなく、それをもっとずっと満足のいくもの、喜びで満たされているもの、あなたに平和を差し出すことができるものと交換することです。あなたは、この世界がそれをあなたに与えてくれると思いますか?

 

この世界をあきらめることではない……。

昨日の続きで、また考えてみました。
人生を諦めるということと、世界を放棄することは別。

人生を諦めるというのは、たとえば能力的な問題で、「どうせもう、わたしには実現できない」と、やりたかったことを諦めたり、年齢の問題で、「もうこんな歳になってしまったら、さすがに夢なんてないし」と、諦めるということです。

本当は成し遂げたかった、つまり、この世界で自分が理想とする生き方を選びたかったけれども、それは残念ながら果たされないので諦めるということ。

それは、この世界そのものに自分の望みがあったのに、それを経験できない悲しさがあるということですが、その後悔やら虚しさやらを抱えたままになっているはずです。あと10歳若ければ……なんて、意味のない考えを持って。

でも世界を放棄するというのは、そもそも、そういう理想、勝手に思い描いた幸せというものは、真の幸福ではないということ、いくら若くて健康で優秀だったとしても、意味のないことだということを、本当に受け入れることなのだと思います。

それは、「世界をあきらめる」ことではなく、この世界にいながらにして(そういう夢の中においても)、真の幸福を経験できるということを受け入れる、ということなのだろうと感じます。

喜びと苦痛を混同しているという話はテキストの第7章に出てきますが、幸福に関して、勘違いしているということを、まず認めることが大事なのだと思います。

「こうであれば幸せ」という、社会が提示するものを鵜吞みにして、より良くしようだなどと考えることは、やっぱり、何の意味もないのです。

 

今日のワークも、とても心地のよいものでした。

光のひとつひとつは、ほんとうはひとつである兄弟姉妹の、神の子の輝きとして感じられました。途中から、人だけではなく、動植物も加わって、すべてがひとつであるという感覚になりました。

別のときは、宇宙を見ているような感じで、もう、ほんとうにすべてと繋がり合っていること、ひとつなのだということを感じられました。個体を超えている感じは、やはり何度経験しても心地よく、平和で、安らぎます。

ああずっとこのままでいたいなと思いました。
このまま感じ続けて、目の前のひとつひとつをできたらいいなと。

決して孤独になんかなりようがないし、決して愛が途絶えることはないのです。
肉眼を頼りにしているうちは、この世界を自我(エゴ)の目的で使おうとしているうちは(つまり勝手な望みを抱いているうちは)、恐れや痛みを感じずにはいられませんが、この世界を超えたところでは、永遠の静けさと愛、平和と喜びが拡がっています。

ずっとここに留まっていられますように。

Blessings,
 
2018.9.6
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック5 神の教師/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください

 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら