『奇跡のコース』ワークブック・レッスンの気づきを綴っています
初めて読まれる方はこちら

 

Lesson88:復習2 レッスン75,76
 
 
レッスン75
光が来ました。
 
レッスン76
わたしは神の法のもとにのみあります。
 
 
 
レッスン75の復習の内容に、
 
攻撃ではなく救いを選ぶとき、それは、そこにすでに存在しているものを認めることを選択するにすぎません。救いはすでに決められていました。攻撃や不平不満は選択肢として存在していません。

 
と書かれています。
 
攻撃や不平不満を持たなければ、すでになされた救いをそのまま受け入れるだけになるので、あっというまに光の到来を、光しかなかったということを経験できるはず・・。「光がやって来ました」と言われて、ピンと来ないとしたら、あるいは抵抗を感じるとしたら、攻撃的な思いを持っているとしか言いようがありません。
 
ほんとうに選べるのは光だけなのです。
 
 
「攻撃」と聞くと、何かひどいことをするような、たとえば悪口を言うだとか、苛立ちを露にするだとかいったわかりやすいことのようなイメージがありますが、ワークブック4巡目にしてようやく・・ですが、そういうこととは限らないなと深く思うようになりました。
 
テキストには、このように書かれています(マーカーはわたしが引いています)。
 
 攻撃するとき、あなたは自分自身を否定している。あなたは自分が本来の自分ではないということを、はっきりと自分自身に教えていることになる。あなたによる実相の否定が、神の贈り物の受容を不可能にしている。なぜなら、あなたが神の贈り物の代わりに別の何かを受け入れてしまっているからである。そのようなものを受け入れることは常に真理を攻撃することであり、真理とは神であるということを理解するなら、あなたはなぜそれが常に恐ろしいものなのかを悟るだろう。さらに、自分が神の一部であることを認識するなら、なぜあなたは常に自分自身を最初に攻撃することになるのかを理解するだろう。
 
 すべての攻撃は自己攻撃である。それ以外のものではあり得ない。本来のあなたとは違った者であろうという、あなた自身による決断から生じているため、それはあなたあなたの自己認識に対する攻撃である。したがって、攻撃とはあなたの自己認識が失われる方法である。なぜなら、攻撃しているときは、あなたは本来の自分を忘れているに違いないからである。そして、あなたの実相が神の実相であるなら、あなたは攻撃するとき、神を思い出してはいない。それは、神が居なくなってしまったからではなく、あなたが神を思い出さないことを積極的に選んでいるからである。

この続きも、非常に響く箇所ですが、割愛します。(『奇跡講座 テキスト編』第10章/ナチュラルスピリット)
 
 
この箇所を読んでみることで、レッスン75と76のつながりを感じることができました。
 
ただただ・・アイデンティティの問題であり、神の救いの計画、神の法だけを受け入れればよい、それがほんとうの幸福への扉なのだと感じます。
 
 
Blessings,
 
2018.7.27
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ワークブックレッスン日本語版は、
『奇跡のコース』のワークを学ぶ
ガイドブック4 聖なる関係②/
香咲弥須子/ナチュラルスピリットより
引用させていただきました。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 
 
(ワークブックのレッスンでの気づきは、
4周目として取り組んでいるわたしの、
あくまでもごく個人的なものです)
 
 
 
A Course in Miracles(ア・コース・イン・ミラクルズ)には
テキスト編、ワークブック編、教師のマニュアル編があります。
日本語版は、中央アート出版、またはナチュラルスピリットから出ています。
 
ワークブックのレッスン内容の詳細については、ワークブック編をお読みください。
(こちらのブログでは詳細については記載しておりません)
 
 
 
その他のレッスン記録についてはこちら
 
 
時折配信しています◎お気軽にご登録ください
 
 
 

 


無料動画レッスン

*お気軽にお寄せください*

記事をお読みになって感じられたことを
よろしければこちらにお送りください。

今後の参考にさせていただき、
よりよいものをお届けできたらと存じます。

≪ご感想フォーム≫
(送信後すぐに自動返信メールが届くように
なっております)

 



あなた本来の輝きを
呼び覚ますお手伝いをする

末吉愛のプロフィール


わかち愛ビジネスプロデューサー

ドリーン・バーチュー博士公認
エンジェルセラピープラクティショナー(ATP)®


ドリーン博士から直接、オラクルカードリーディングやエンジェルヒーリングなどの手法を学ぶ。

依頼を受け、梅田蔦屋書店、なんばCITYの旭屋書店にてオラクルカードリーディングのセッションやミニ講座も担当。



教師としての経験を活かした、わかりやすく楽しいエンジェル講座エンジェルアロマ講座には定評がある。

オラクルカードリーディングについては500名以上にレクチャー、心のケアに携わった人数は4000名以上。



18歳から「教える」ことを仕事にしており、国語、心理学、アロマセラピー、ボディワーク、オラクルカードリーディングやヒーリングなど様々なジャンルでティーチング活動を続け、2歳から60歳までの方々に、これまで約50種類のオリジナルの講座やワークショップを提供している。

「わかち愛」の生き方が事業になる
カウンセラー・ヒーラー・セラピストのための、女神性輝くフェミニンスピリチュアルリーダーズ起業を支援。

詳しくはこちら